旅情 四章



どこにいるの。見えないよ。
左から右へ蛍光灯。
どこにいくの。わからないよ。
すれ違い計れず行く列車。

夜の闇にあなたを探し、
窓が映すのは自分の姿。
切ない心、見つめたくないよ。
切ない心、見つめられないよ。

もうあと数駅もないよ。
どこにいるの、振り向いてよ。





[戻る]

トップに戻る