お人形さん遊び



色事を揶揄して

「火遊び」

とはよく言ったものね。

思えばつい今さっき

水ぶくれになった火傷も

えてしてあの日の夢のようね。





淡い想いのはじまりは

「水で冷やすべし」という 迷信にすがって

不乱に水を浴びたもの。





何も手に付かぬ悩ましさは

忘れてしまえば 良いのであると

不乱に事に努めたもの。





そして痛みも忘れた頃に

醜い水ぶくれに気付いてしまったの。

愚かなりと振り返るのは

徒労に暮れた日々ばかり。

終わったのね、

そう呟いて、

それっきり。





懐かしい。

赤い羽根をもらった日、

その針で膨らみを破ったことがあったわ。

痛みが再び押し寄せて、

針まで赤く染まったわ。

そんな無茶はもとより、

今では 赤い羽根さえもらわなくなったわ。

そしてどれだけ経ったのか、

今では 跡さえ残ってないわ。

形も痛みも忘れたわ。





[戻る]

トップに戻る