12月 11, 2009
tronmc

足と下腕のないテムジンはいかが?

DSCF3224 DSCF3225

こんなんいかがでしょう(爆)
…もちろん冗談ですよ。現状完成している部分を並べてみました。

クリアパーツは一番最後にはめ込むので、ほとんどランナーから切り出してさえいません。
また、Vコンバーターも部品を切り出しただけ。いやもうマジであのセガサターンもどきの細かい塗装はどうしたらいいんだろう(;´д⊂…ということでメンドそうなので後回し。

問題は足と下腕です。黒の段オチ色分割パーツを挟みながらも合わせ目が前面に来る、塗装時最大の難所です。クリアパーツとかVコンはともかく、そこがまだなのでこんな最低限の人型の体も成してない写真を挙げておるのですw

ここの処理には途方もなく悩みまして………。
結果、黒の段オチの部分にたいして使った経験のないマスキングゾル(クレオスの改)を塗ったんです。これでダメなら黒を筆塗りしてやればいいやー、くらいの気持ちで。

そしてサフ→下地ホワイト→本番色と塗ったんですが、結果、ゾルが剥がれないのなんの(^_^;)
確実に塗膜の方が厚くなるので苦戦するとは思っていましたが、まさかここまでとは!セロテープ程度じゃうんともすんとも言いません(もちろんゾルの部分にナイフを入れて、塗膜とのつながりはカットしました)。

で、水溶性だということで、水につけ込んでみた。結果……

DSCF3222

大半はボロボロになって崩れたんだけど、どうしても残るヤツがおんねん!そういうやつに限ってこすっても、うんともすんとも言わんのじゃ!

段オチの黒は一旦黒塗装してありまして、このゾルっカスを取り除くには、そこから取るしかないだろう、と。IPA漬けを決意したのであります。そして今度は黒の段オチ関係なく全部にサフ吹いて、筆塗りでもしたろうと思います。

ただ…ほとんどの合わせ目がデフォだと合いが悪かったので、プラセメントを使用せずに、瞬着で仮固定→溶きパテ盛り、という手段で合わせ目消しをとっていました。twitterでパテ盛り→サフの日常とか言ってたのは、盛ってヤスってサフチェック、ということだったんです。これもIPAで落ちてしまうでしょうから、また盛りとサフチェックの日々ですなぁ…
それと今書いてて思い出しましたが、モモのパーツは加えてポリパテも使ってます。これってIPAでどうなるのかな…?

どちらにせよ、先は長いような近いような。
確実にVガンダムには間に合わず、フェイには頑張れば…という感じですかね。

Leave a comment

category