2月 26, 2010
tronmc

FG ユニコーンガンダムヘッドディスプレイベース 素組みレビュー

DSCF3540

ゲームと違ってプラモは積みがデフォ!例えそれが付録であってもだ!
…情けないですね……。
ということで(どういうことで?)、電撃ホビーマガジン2010年1月号(2009年11月25日発売)付録の「FG(フロクグレード) RX-0 ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース」を箸休めに仮組みしてみました。

DSCF3545DSCF3542

単体でユニコーンモード、NT-Dモードの両方を変形再現可能です。
1/48スケール数字上では大きいのですが、胸像ということもあってかそんなに大きくは感じません。1/144でもデビルガンダム(←何か違う?)とかセラフィムとかガンダム顔ってだけならデカいのいますしね!w
ちなみに個人的にガンプラで一番印象に残るデカガンダム顔キットはBB戦士の天凱王。デビルガンダムモチーフですが、リアル等身の形態に変形するとクスィー(とガンダムじゃない何か)モチーフだったのが驚きでした。どうでもいいですね。

DSCF3546 DSCF3547

ぶっちゃけユニコーンモードはちょっと微妙です。
NT-Dモードでのディテールを重視したのか、アンテナは内部が平らじゃないので合わせてもすき間ができます。一角獣台無しです。
DSCF3548 DSCF3549

正面もすき間が気になり、横から見るのが一番マトモだったりします。

DSCF3550

仕様上、ユニコーンモードの状態でアンテナを広げて「ウィンダム!」みたいなことはできませんw

DSCF3551 DSCF3552

では変形です。頬の装甲は180度反転させるので無難に外しております。このタイミングでなくてもいいですが、アンテナ基部も外す必要があります。
頭を斜め上に引っ張って展開すると、ガンダム顔が出てきます。マゲを前に押し出して(実際の設定でもマゲは前進します)、そのガンダム顔をおでこにくっつけます。

DSCF3553 DSCF3554

マスクを中にしまって、頭を降ろせば、もう終了したようなもんです。

DSCF3555 DSCF3556

頬の装甲を180度反転させて装着し、アンテナを広げ、基部をつければできあがりです。

 DSCF3558

ガンダム顔のときは、もちろん顔以外をユニコーンモードにして遊んでも何の問題もありませんw
変形途中です!みたいな感じとしてアリですかね。

DSCF3557 DSCF3559

ていうか頬装甲はどっちにどっちのをつけようが自由でして、基本ユニコーンモード頬をDにすると何か別のカッコイイものになってしまうのでアラ不思議。

DSCF3560

カッコいいので斜めからもう一枚(笑)。MSVで量産型ユニコーン!みたいな妄想の産物としてアリにしといて下さい!

DSCF3561 DSCF3562

他のガンダムタイプにはないタイプの後ろ姿。
この号にはユニコーンガンダムの設定資料も載っているのですが、それと比較すると頬装甲はともかくとして、頭頂部パーツ後頭部パーツの一体感がないのが難と言えば難です。
MGも押し入れの中なので「こんなもんなのかどうか」はわかりません…

DSCF3563

存在が薄い(失礼!)ですが、「ディスプレイベース」なのでアームが付いてきます。付録なので全てプラです。角度調整はできますが、差し替えでの調整になります。接続部でガッチリ噛むので安定性はまずまずあるのですが、いちいち取り外す度に壊れないかが怖い具合です。
なにげにジョイントが何ミリか書かれていないんですが、HGUCユニコーンを乗せた写真があるので3ミリなんでしょう…。試すの忘れてました…。

ということで、素組みでレビューでした。
胸像という形態であることもあってか、付録にしては素組みでもあまり残念な感じはないキットです。
しかし、大スケールということを生かして、ガッツリ全塗装してみよう!と思っていた身としては、付録ゆえのタイトな作りに涙目です。
ここまで書いてきませんでしたが、当然オールプラ、且つ差し替えの多い仕組みなので、無改造且つ変形前提では、塗っても塗膜剥がれたりして残念なことになりそうです。

そういう意味では、アンテナ内部、カメラアイ部等の部分塗装とスミ入れで済ませるのがたぶん一番お利口だと思います。
全塗装するなら、一番簡単なのはNT-Dモードで固定すること。ユニコーンモード固定は、見てきたようにすき間等々ありますので、若干加工の必要性があると思います。
全塗装し、且つ変形もさせるなら、差し替え部分(アンテナ基部、頬装甲)の接続部を加工して柔軟性を持たせてやる必要があると思いますが、これも「最低限」の話。変形ギミックにアナログ感が否めず、各パーツの干渉が安定しないので、全体的に手を加える必要がある感じです。なのでかなり難易度は高くなるでしょう。自分にそれができるかは…めちゃくちゃ厳しいかなぁ、と思う一方、やらなきゃスキルも上がらないぞ!的な思いもあります。
そんなこんなで、組んでみたはいいものの、どう仕上げるべきか、がさっぱり見いだせません。しばらく文鎮になりそうです…。

Leave a comment

Recent Tweet

category