1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ フロントアーマー可動化(1)

グリモアミーティングに何か…と思っているくせにGセルフをイジりはじめてしまう罠。
寒くて長い時間塗装作業したくないので、つい切ったり削ったりする方に。

2014-10-05 22.07.332014-10-05 22.07.54

素組み。もうちょっと動いてほしいですねぇ…と思うのは、最近のHGに慣れ過ぎか。
でも、関節に入るパーツ自体はよく動くようになっているのだけれど、外に組み付くパーツが制限している、というところが多いので、「ちょっとイジればなんとかなるんじゃないの」とか安易に思ってしまう構成だったりもするキットです。

ということで、もうちょっと動くように工夫していく方向で作ろうと思います。

2014-10-04 13.02.44

手足は関節が上述の通りなのでなんとなく希望が持てる。
が、絶望的に感じたのが腰のフロントアーマー。跳ね上げるとかっこ悪い。足を上げられない以前に、上げたくなくなる。
しかし形状として正しい付き方だしどうしたものかと思っていたところ…

RIMG0792

こんなものがザンクト・ポルトから降りてきた。
宇宙用バックパックのパケ絵。そう、ハの字に開くように、横にも可動できればいいんだ!

 

RIMG0734RIMG0741

はじめはこういう可動軸を仕込んで、前後及び横への可動を試みたけれど、案外安定して動かせず、断念。

RIMG0742

KPSのランナータグ入れてみたけれど、問題はそういうことじゃなかった。軸が動くのに十分な深さをもたせられない。こういうパーツが豊富なお店も近くにないのでこの方向は断念。

RIMG0743RIMG0744

そして、手持ちにイエサブの非ポリのボールジョイントがあったので、そっちを仕込む方向で考えはじめる。(それの写真を撮ってないというバカ!)
適当にプラ板で箱作って、両面テープで仮止めして様子を見てみる。

2014-12-28 23.19.462014-12-28 23.19.29

様子を見た結果がこちら。
正面から見ると違和感があるけれど、以前の中途半端なのよりは断然満足。
この方向で、今後ゆっくり接着や位置合わせを進めます。

RIMG0745RIMG0746

ついでに余ったプラ版で股の軸受けにフタをしたり。

RIMG0747

前にも。

隙間埋めたり、ここはたっぷり時間がかけられそう。その頃には暖かくなって塗装も苦にならなくなってるかな?

Leave a comment

Recent Tweet

category