9月 16, 2011
tronmc

足りない「GN妄想力」

RIMG1282

たまにはプラモ(を、パチ組みだけじゃなくきちんと作ってますよという)話。
HG ダブルオークアンタフルセイバーが完成一歩手前まで来ました。シールドフタの接続軸が折れてしまい、完成はしばらくお預けです。それ以外はトップコートも済んでいます。

春頃からやってきたことですし、初めてのまともなクアンタなので、完成が近いここ最近は気分も良かったのですが、こうして組んでみる(レンズの都合上、00系はフルパーツの途中仮組みが難しいのです…ってバーチャロンもか)となーんか平凡だなぁ、と。
気になるのはカラーリング。めいっぱい考えた割には平凡に思えます。

というのも、設定的な説得力にも、アレンジにも(自分にしては)頭を使ったんです。
考えたこと、どうせしばらく書かないので書いてしまおう。

まず設定。ダブルオーガンダムセブンソード/Gインスペクションを参考に赤ベースに塗っています。
フルセイバーも、セブンソード/Gインスペクションと同じ00V戦記登場機体で、且つシェリリン・ハイドの手によってシミュレーション空間での戦闘が行われています。セブンソード/Gインスペクションはシェリリンの好みによって赤くカラーリングされたものですが、であればクアンタも赤くなってたかも…と考えてやってみました。
(実際のカラーについては、彼女がどれだけ手塩にかけたかの違いかな、と勝手に解釈しています)

そしてアレンジ。セ(略)インスペクションのカラーリングを厳密に適用すると、クアンタの場合胴がぐるっとピンクで目立ちすぎると思い、ワインレッドに。ただし、ドット迷彩モドキでピンクを少し入れています。また、黄色も目立つのでベージュっぽいグレーに。クリアの緑はどうしようもなくて、補色っぽいけどえいやっ、と。

RIMG1283

結果、補色負けしてますね(を
ってのはまずいいんだけど、なんだか情報量に欠けるような気がする。かといってスジボリ等々工作ディテールを増やしたいかというとそうでもなく(でも腰サイドアーマーはもうちょっと何かあった方がいいかな)、デカールもあんまりベタベタ貼りたくないからこんなもんかな、と思う。むしろ左肩や、マルチカウンターユニットは自画自賛モノ。この「FS」なんて、MGガンタンクのガンダムデカールなんだぜ!意外と合うじゃない、フォント買いした甲斐があったよ!

そしたら何が悪いって、この大半を占める赤だろうなぁ。この印鑑の朱肉みたいな色。高まらない。
クリアパーツとの兼ね合いもあるし、もっと鮮やかな赤になるべきだった。ここまで来るまで気付けない自分のボンクラ具合が骨身に染みる。
あとはやっぱり、元のデザインにとらわれない、ズン!として、ドン!とする塗り分けをしたいものだ。ガン!としてボン!でもいい。なんか靴屋見に行きたい気分だ。

Leave a comment

Recent Tweet

category