7月 1, 2011
tronmc

パチ組みから進まぬミニプラ ゴーカイオー…

RIMG1017

実を言うと素組みで完成してもう一ヶ月くらい経つんだけど(それぞれのユニットは五分くらいで組み上がるしね)、未だにそれ以上の手を入れられていません。だってどう手をいれていいのか、わかんないんだもん!
とりあえず、各部を見てみましょうか。

RIMG1018

頭部。ちょっと帽子が肉厚で、このような視点だと顔が隠れ気味。

RIMG1020RIMG1019

腕部。車輪とか邪魔くさいですが、十分曲がりはします。ガンプラなんかと比べてしまうと、柔軟性はかなり劣りますが…。

RIMG1028

ゴーカイケンを持たせてポーズをとるには、その柔軟性のなさや前腕の邪魔さ加減がちょっと気にかかります。

RIMG1021RIMG1025

脚部。ヒザの曲がり方がハンパないです。まさかここまで曲がるとは!食玩でこんだけ曲がれば文句ないでしょう。
この関節は見た目的におかしい気もするんですけど、後付けのオプション(ガオライオン等)の接続にも関わる部分なので、いじるにもよく考えないといけない部分です。

RIMG1022RIMG1024

非常におもしろいのが、左右のスリッパ。全く別の形状ですが、左(トレーラー)は上方向への曲げ、右(マリン)は逆に下方向への曲げをそれぞれ得意とする構造になっています。ポージングに生かせそうですね。

 

RIMG1026RIMG1027

後ろから見ると、肉抜きとかはおいといても、ものすごくプロポーションが悪いように見えます。前からだとそれほど感じないのになんでだろう?
そして、後頭部の穴は…?何か後付けではまるのかな?シンケンの兜とか?そのままにしておこう。

RIMG1030RIMG1033

そしてハイマットフルバースト(待て
この技も劇中だとなんか本体の見た目が地味ですが、こうやって踏ん張りポーズを付けられるのはおもしろいですね。重火器系の機体みたいで。

RIMG1037RIMG1036

さて、問題の「どう手を入れるか?」の部分。
とりあえず劇中のように肩パーツを胴体から腕側へ移設…と思ってたんだけど、最近解禁された(?)豪獣神の情報を見てこれもう~む、と。
や、ヒジとかヒザとか気になるところは腐るほどあるんだけど、気になるだけで、どうしたらいいかわかんないという(爆)。

模型って、ジャンルによってだいたい文法みたいなのがあるじゃない(本当はそんなんクソ食らえって言わないといけないのかもしれないけどさ)。
例えば俺はガンプラとバーチャロンキットに手を出してるけど、チャロンはおいといて、ガンプラなんかはプラモと機体が密接に関わってる場合がほとんどで、構造を考えるとき、キット自体が文法ノウハウとして作用するし、なおかつ大抵アニメで、よく動くから、躍動感ある説得力っていうのがそこにあるように思う。
このミニプラの場合、第一は俺自身のこのシリーズへの文法不足だけど、元ネタがあんまりよく動かないし、着ぐるみだからアニメよりリアルに「ああ、ここ柔軟(なスーツ)なんだ」ってのがわかっちゃうから、拠り所が無くて困ってるの。
でも無いなら無いなりに、考えないと先に進めないから考えてるんだけど、もう一ヶ月だよどうしようね、と…。
ちなみに、スーパーロボット超合金の真似をしちゃうのは違うと思う。

差し当たり、後付けのパワーアップメカへはきっちり対応しつつ、5体分離はあまり考慮せず(むしろ殺しちゃうくらいの勢いで)、ロボとして作り込んでいきたいところ。
とりあえず、放映終了までに完成できればいいなぁw

Leave a comment

Recent Tweet

category