2月 24, 2010
tronmc

テムジン、いろんな意味で終了!

一応完成という意味での終了もありますが、いろいろヒドく失敗したので、その意味でも終了、という感じです。

DSCF3518

まぁ…あまり細かいところを見せないこういう撮り方だと、キットの素性がいいこともあってかそこそこには見えるのがまた悲しいw

黄色以外は全塗装。つやはハイエンドCG準拠でグロスにしてあります。

DSCF3519

バストアップ。胸部真ん中の装甲の色は単なる失敗で、調合色を切らしてしまい、再度作ったものの合わせられなかっただけですorz
首等、フレームにきちんと陰影を付けられなかったのも失敗。
顔はパチ組みだとただ横ぶくれな印象ですが、スミ入れすると引き締まってそういう印象が解消されます。
クリアパーツは、バイザー、Vコンバータは裏にシルバー、その他はホームセンター購入の安物のアルミテープ(キッチン等で使われる固めの光沢テープ)です。固いので曲面にはシワができて適しませんが、平面に対しては問題なく、光り具合も悪くない感じです。

DSCF3520

胸部下や胴は、ハイエンドCGでは光源などの影響なのでしょうけど、絵の一枚一枚や部位によって色味が変わるので、非常に色付けが難しかったです。ただ、インストでの指定色は青みがかったグレーなので、ハイエンドCG路線ならこれは違うだろう、と。
結局、濃い部分を基準にして、ファントムグレーを使用しています。胸部下はそのまま、胴やくるぶし、クツ等は白を混ぜて明るめにして変化をつけています。

DSCF3522

とくに白は合わせ目消しの都合と、成型色上いわゆる「タン」色が足りないので、塗装は避けて通れないところでした。

DSCF3523 DSCF3524

ビームランチャー(MPBL-7)。OMGテムジンでは「スライプナー」とは呼びません…ってのはどうでもいいですが、先端の白部分に黒を入れるのに苦労しました…。というか、調合色残量の都合上、甘くなってしまいました。
持ち手は専用が一つ付いてきて、ダボでくっつけるタイプですし、関節も強いので保持に問題はありません。

DSCF3521

独自ギミックの肩アーマー可動。たしかに素の状態よりは可動範囲が広がるのですが、あまり大きい効果があるようには…思えません( ̄▽ ̄;
しかし、パーツの取り付け方としては合理的だなぁ、と思います。

DSCF3525

後ろから(腰が曲がっててすんません)。前面に増してディテールはおとなしめ。背中はVコンバータがないとほとんどのっぺらぼうですw
Vコンバータはこの閉じた状態だと違和感がないのですが…

DSCF3531

展開するとなんか位置が低く見えて違和感を感じてしまいます。
…といってもこれはキットの問題ではなく、元々そうであり、ゲーム内では展開時の姿勢が限定されるので、こうやって見ることがないからだと思います。

DSCF3529 DSCF3530

展開時は別パーツのバーニア、Vディスクをつけることで再現されます。
あまり展開時のことを考えていなかったので、内部の塗装が甘いのも失敗です…。でもって、バーニアも適当に同色ランナーと同じ色で塗ってしまいましたが、これはニュートラルグレーあたりにすればよかった!
Vディスクは構造上差し込みピンが付いたり等、仕方ないのですが、なんかヘボい。あまりかき立てられるものもなく、シルバー吹いて終了(^_^;)

DSCF3526 DSCF3527

今回一番の失敗は合わせ目消し。すき間が大きい部分もあり、パテ埋め中心でやりました。しかし、部位単位で作って塗装までしてしまってからはめ合わせると、ヒビ割れが…。
まず左足裏。これはガッツリ見えるので致命的です。ここは内部装甲に外部を被せる方式なので、まさかこういうことになるとは思いませんでした。
それと、太もも付け根。これはポリキャップのボールを入れたときに割れました。ほぼ見えないところですが、作り的な部分ではかなりショック。
パテでやるなら、塗装前にはめて様子を見るべきだった、というのが一つ。タイトな作りだなぁ、コトブキヤ恐るべし!というのが一つ。

DSCF3539

ということで、無駄に製作時間をかけた割に残念な結果になったコトブキヤOMGテムジンでした。
残念ではありますが、元々プラモに入れ込んでるのもバーチャロンキットをきちんと作るため…ということもあり、その一歩として経験値にはなったと思います。
また、ほぼ全塗装というのも初めてですし(^_^;)
ハセガワのキットと違い、成型色でほぼ色分けがされているにも関わらずほぼ全塗装をしたというのは、こだわったという部分もありますが、ウェルドやヒケがものすごかったので、塗装なしで通すのは難しいキットだから、ということもあります。
二個目もゲットしてしまったので、段落ちをどうするか、等未だにどう対処するのがスマートなのか見当が付かない部分も多いですが、今後他のキットを作って経験を積みながら考えて、リベンジしたいと思います。
(上の写真のポーズはツッコまないで下さいw)

Leave a comment

Recent Tweet

category