5月 11, 2020
tronmc

1000円程度のプラモ3万円で売る問題で考えたこと

賢い方は今すぐこの記事を閉じましょう。
そもそもこういう話に首を突っ込むのは、バカのやることです。
それでもこの記事を読みますか?

読むんだな!よし!お前は大馬鹿者だ!ついてこい!!

1000円くらいのプラモデルを組んで塗ると3万円で売れるそうだ、ということを書いた記事があり、話題になりました。

プラモデルの趣味をお金に ひろゆき氏が語るネット時代の新ビジネス

これに対して、プラモデルを作ることに対する手間、経験を軽視し「ゼロリスク・ハイリターン」な「ビジネス」と評していると反発が起こっています。

●元記事が簡単だと言うのは売買

私の元記事に対する解釈は、不満を持っていらっしゃるモデラーの方々とは違う解釈です。
異端であり、批判されても致し方ないものと考えています。
私自身は、 この記事の要点は

ショーケースに並ぶチャンスは、以前よりはるかに多くなっている

ことだと捉えています。
簡単なのはショーケースに出すことで、プラモデルを作ることが簡単とは言っていません。

「ゼロリスク・ハイリターン」や「ビジネス」 という表現については解釈が難しいところですが、まず「ビジネス」という部分については、まずもって副業前提の話ですし、それで食えとは言っていません(若干好意的な解釈かもしれません)。
また 「ゼロリスク・ハイリターン」 については、


ありもしない不安に駆られて、大して興味もない資格を取るくらいなら、自分の好きなことでどうにかする方向を探るほうが、楽しいんじゃないですかね。

誰もやっていないことをやっていて、それが楽しいっていう人は、結果的に自分の心地いい居場所を見つけられる――。その結果として、お金がついてくることも多いという話です。

という部分を見るに、楽しいことをするのはリスクではないという考えが前提になっていると読みます。

つまるところ「プラモデルを楽しく作って遊んだら、そのキット以上のお金を手に入れました。自分で好きなことを(勝手なことを)やったのに、やるためにかけたお金以上のものが返ってきた」ということなのだと解釈しています。

キットどころか、工具や塗料、マテリアルを買ったお金や、次のキットを買うお金もやってきた。遊んでおきながらこうなるのは儲けもんだよね。という「儲け」と捉えています。
いわゆる「時給」「技術料」「工賃」は考慮されていないのです。だって遊んでいたのですから。

●現実的に「利益」はまず出せない

ゆえに、現実的に「利益」が出ると書いているとは考えておりませんし、そもそも多くのモデラーさんの批判ツイートも、構造的に利益が出るものではない、1000円程度のキットで3万円という値段は現実的ではないと言及しています。
私のツイートにリプライを頂けた方の解説を引用させて頂きます。

なので、元記事を読んで「これからプラモデルを作ってお金を稼ごう!」と思った方はやめるべきですし「飾ってある家族のプラモデルを売ってお小遣いにしよう!」と思った方も、お小遣い以上の亀裂を抱えるでしょうから、やってはいけません。

「なんだよ利益出ないのかよ!嘘書くなよひろゆき!」という批判だったら話は簡単だったのですが…。

一方で、元記事に不満の今のモデラーの方々(まずこの記事を読まないと思いますが…w)に置かれましては、利益が出ないことはお分かりと思いますが、その上で、

どうであれば満足なのか?
自分の目的、ゴールはどこなのか?

を考えるべきではないかと思います。

 

●反感の理由は微妙に一致していない

先に引用させて頂いたツイートと前後しますが、問題提起をなさったプロモデラー様に質問のリプライをしました。

意図としては、プロモデラー様が他の”同意する方々とのリプライ”の中で、以下のようなことを書かれており、対価が適正であれば良いのではないかという印象を抱いたからです。

私のリプライに対してお返事は頂いておりませんが、それは仕方ないことです。
こういう質問は、悪意が無いと書いても信じてもらえないものですので、プロモデラー様においては、この件にお返事なさらないのは賢明だと思います。
ただでさえ、話題になってしまいお疲れでしょうし…。

別の方にリプライを頂き、問題は価格ではなく技術の軽視であると解説を頂きました。これを含む一連の解説には、多くのいいねがついております。

一通りリプライを頂いた後、改めて考えましたが、上記の”同意する方々へのリプライ”を見る以上、プロモデラー様はやはり具体的な数字を出していないだけで、経済的な話をしているように見えます(言い方は悪いですが、誠意を見せろ、みたいなものかもしれません)。
他方、もしリプライで怒っている方々が金額を問題としていないならば、それはプロモデラー様の問題意識と乖離しているように思えます。
(どちらにしても数字が出てくると印象が汚くなってしまうし、ややこしいですね)

もっとも、金額を問題としていないというのは、俯瞰しての見解とも思います。
プロモデラー様のツイートに対しては、コストに言及している方もいれば、素人ができると受け取って批判する方もいましたし、ひろゆき氏の過去や、普段の言動に言及して批判している方も見受けられました。

「叩き」的な状況が発生する中では当然といえば当然なのですが、各々が必ずしも同じ方向を向いて怒りを抱いているとは言えないおそれがあり、その状況で何か(ひろゆき氏や、嫌儲、拝金主義等々…?)を叩いているのです。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはよく言いますが、そういう人はもちろん、実は坊主じゃなくて袈裟が憎い人も、一緒になって坊主まで憎んでいるのです。

こういう状況でマズいのは、もし長引いたときに、実は自分にとってのゴールはそこじゃないのに、流れに乗ったがために、他の人のゴールまで一緒に行ってしまうことです。
だから自分はどうあれば良いのか考えて、批判するにしても、自分の範疇で適切にすべきではないでしょうか。

幸いこの話題はもう終わっていますが、今後も何かしら叩き、炎上というものは出てきます。そのときに適切な行動ができるように、自分の目的、ゴールは考えておくべきことではないでしょうか。

 

●モデラーとしてのゴールを都度持って走れ

どうあれば満足なのか?という問いは、このような叩き方に関する側面もあるのですが、今回の問題に触れた以上は、それ以上に、模型を嗜むという側面でも考えるべきではないでしょうか。

プロモデラー様に同意なさってる方々がみんなプロではない(それでも私より立派な方々です)とお見受けするから、余計にそう思います)。

技術や経験、手間は何のためにあるのでしょうか。

利益、コストが問題に上がる背景には、必ずしもプラモデルを作る工程が全て楽しいことではないという事情があります。
個人差の範疇を超えて苦行と言われてしまうような作業も、ときにはあります。
苦しいことではなくても、ただ単に時間を使うことがコスト消費でもあります。

その作業はあなたが必要としてやっているものですか?
上手い人がやっているから、みんながやっているから、とただただやっている作業がありませんか?
それが必要に思えなかったり、苦行なんだったら…そこを通らなくても満足行くゴールを迎えられるなら…必ずしもやらなくてもいいのではないですか?
※修行僧さんやお金が欲しい方は有無を言わず頑張ってください。

あなたはどういうゴールを迎えたいですか?

3万円ではなく、30万円や300万円を出してもらうことなのか(利益が出ることなのか)。
RTやいいね、フォローをもらうことなのか。
自分が満足できればそれでいいのか。
人それぞれでしょう。
(なればこそ、余裕があれば、他人に対して、その人の満足に合った敬意を示せているかも考えていきたいところです)

そういうことを考えずに、手間が技術が経験が、と言ってしまって、プラモデルの前提条件であるように捉えられてしまえば、利益のことが無くったって、プラモデルを作りたくなる人は減るのではないでしょうか。

我ながら自己啓発モノみたいで気持ち悪いこと書いてますね。
でも、高い目標を掲げろという話ではないんです。むしろ、そういうものに押し潰されないように、自分を持ちましょうということなんです。

なお、ゴールという表現を見ると、壮大なイメージをしてしまって、いくらでも上手くなりたい、だから何でもするという思考になるかもしれません。
が、今月、今週といった短い期間や、キット単位、題材単位といった捉え方でやっていくのが、疲れないやり方だと思います。
都度都度目標、ゴールを設定して、マイペースで走っていきましょう。
※でもやっぱり修行僧さんやお金が欲しい方は有無を言わず何でもやってください。

 

●技術は目的のためにあるべき

技術軽視という話があったので、私の技術に対する考え方についても書きます。
私もプラモデルのプロではなく、技術はありません。持たざる者に説得力は無いでしょうが、私は家電販売や、使い手のサポートをした経験から、軽々に技術だけを持て囃すべきではないと思います。

ここ十数年、日本の黒物家電が衰退し、国産のITデバイスが伸び悩んできたのはなぜでしょうか。
技術をニーズに対して適切に使わず、一方的に訴求してきたからだと私は考えます。結果、値段の割に歪な物がたくさん作られました。

スペックが良くても、デザインが受け入れられず売れない物もありました。ブランディングで負けるものもありました。我々からすれば画期的なサービスオプションがあっても、よくわからないし要らないと言われることもありました。

ただただ、高いから売れない、ということもありました。

ITデバイスなどはその最たる例で、キャリアやメーカーが中途半端なアプリケーションや機能を盛りまくって、値段を上げ、使い勝手を損ないました(法人向けはシンプルなくせにね!)。
今でこそマシンパワーの向上でさほど問題になりませんが、それまでの間に多くの人がiPhoneを始めとした海外ブランドのものを使うようになりました。

※そういう時代の徒花が愛おしい気持ちがあることも、ガジェ獣やガンダムファンにはわかって頂けると思いますが、それはまた別のお話。

いろいろ教訓はあります。見た目を良くすべきだった。バランスを取るべきだった。無駄を省くべきだった。

その一要素(デザイン、センス、コスト等と並ぶもの)が技術なのだとすれば、最も重要な物とは限らないはずですし、総体を技術と呼ぶなら生き残るための形になるべきでした。
しかるに、コストの面から見ても、いつまでも高いお金をもらえて良いものではなく、技術の側も形を変えていかないといけません(良い方向に転んだそれを、人は「洗練」と言います)。
その上で、技術も、デザインも、センスも、適正な対価がもらえるのが理想です。

どのみち、技術は目的、ニーズのために行使するべきであり、プラモデルにおいても、主体性の無い「こうするべき」は、いずれ衰退を招くと危惧します。

極端になれば、SNSには一辺倒な作品だらけになり、これから入ってくる人や、新たな創意工夫が減ってしまうでしょう。
趣味とする方が多いジャンルなればこそ、自分の意志でやって楽しんでほしいです。

(プロモデラー様はじめ、皆様の技術を不要であるとするものではありません。曲解なさらぬようお願いします)

  

●プラモ作っててもプラモ

最後にまとめますと、本件に関しては、簡単なのは世に出すことであり、プラモデル制作が簡単ということではないと思います。
ただ、趣味だから楽しいという認識やその度合で書き手とモデラー間の齟齬が生じており、それが様々な反感を生んでいると見ています。
批判についても制作にもついても、一人ひとりがきちんと目的(と節度)を持って行って欲しいと思います。

私がこういう文章を書いている背景には、模型に対して、もっと血の通ったものであって欲しいという勝手な願望があるからです。
SNSの時代であるからこそ余計に、人を飾り付けるものではなく、人を表すものであって欲しいと思います(できる限り良い意味で!)。

なお、本記事は誰かを叩いたり貶めたりする意図はありません(信じてもらえないかもしれませんが…)。


Leave a comment

category