12月 16, 2009
tronmc

IPA(イソプロピルアルコール)で塗装剥がし実験(4)

屋外で作業してたもんで……頭の中「寒い寒い寒い寒いいいぃぃぃぃ!」ばっかで写真を取り忘れました。

が、「IPA 塗装剥がし」でググって出るページを見て頂ければ(まだ言うか)効果は明白なのであまり必要ないですね(`・ω・´ゞ

DSCF3241

ラッカー系(Mr.カラー)でサフ+下地ホワイト+調合色と塗っていた下腕、足、ビームランチャー砲身ですが、がっつり剥がれました。塗膜ごと剥がれるので、感覚としては薄皮がピリピリ取れるような感じでした。一応今回は三層ということになりますが、全部丸ごと落ちました。
また、温度大事です!暖めるとめちゃくちゃ効果がよく出ます!

DSCF3240

ポリパテに対してはとくに影響なし、のようです。洗浄や再度のサフ吹き等行ってますが、異常なしです。

ということで、とくに今更報告の必要もありませんが、ラッカー系に対してはかなり有用な塗料剥がし手段、発見です!
200ml×2本セットしか買ってきませんでしたが、使用後に落ちた塗膜を取り除くための濾過、揮発等でやっぱり分量がそこそこ減ってきております(^_^;)もっといっぱい買ってくれば良かった。。

Leave a comment

Recent Tweet

category