3月 21, 2016
tronmc

ガンプラEXPO in UTSUNOMIYA(2016年)

そっち方面に行ったついでですが、ガンプラEXPO in UTSUNOMIYAに行ってきました。

こじんまりとしていましたが、内容には満足。
来客の年齢層もなかなかに幅広いみたいで、小さな女の子が「バルバトス光ってるー!」なんて言ってるのが微笑ましかったり(ていうかバルバトス知ってるのね…)、きれいな若いお嬢さんがガッツリ写真撮ってカメラから顔を離したときに、恍惚とした表情を浮かべているのに癒やされたり……って女性の話ばっか!

そうそう、小中くらいの男の子たちが、

20160320_133911

この受賞作(昨年のジュニアコースチャンピオン)のジオラマを見て「なんでこのガンダム頭無いの?」なんて言っておりましたが、その理由を知っている人なんかいくらでもいるであろうこの空間で、誰も何も言わないあたりはホント「アニメじゃない!」。
ビルドファイターズとかだったら誰かが講釈始めるところだよなー(笑)。

20160320_133022_t

新製品は、全く期待していなかったRGクアンタに衝撃。
なんと、シールドの根本が可動しそうな雰囲気。斜めに接続されて飾ってあるので、できるということなんだろう。これでMGのときから気になっていたビームガンの再現ができるようになりそう。
素晴らしい!

20160320_132943

……ビットのヒケが気になる。見つけてしまうと気になってしまうイヤな習性。

20160320_132847_00220160320_132907

REイフリート改。
OVAのジ・オリジンに出られそうなディテールギッチリ感。
スラリとしたプロポーションとREのいつもの足首関節で、あんまり腰の入ったポージングはできないのかな、と感じた展示。
足のミサイルポッドに合わせ目っぽいものが…見つけてしまうと気になってしまうイヤな習性。

20160320_132802

HGCEフォースインパルスもけっこうスラッと。
定価高めだけど、色分けがすごいってことなんだろう、きっと。

20160320_13380720160320_13382020160320_133755

MGフリーダム2.0。
すごく攻めたアレンジで、今までのイメージからすると違和感があるけれど、RX-78の前例を考えると、RX-78以外もこういう道を歩めるのはいいことなんじゃないかな、と思ったり。
でもうちは最初のMGがあるのでとりあえずいいです(えっ)。

20160320_133936

新製品もいいけど、目玉はやっぱり受賞作や受賞者作品。
こちらは去年の日本大会のオープンコースチャンピオン作品。

20160320_13321920160320_133250

2014年のチャンピオンの方のMG V2。
何食えばこんなディテーリングを思い描けるんですかね…。

20160320_133359

2013年のチャンピオンの方の作品群。
Gセルフは、Gレコのガンプラコンテストのアイキャッチで使われていて、あのGセルフをかくや…!と感心していたものだったので、とくに興味深く拝見。

20160320_133338

2012年のチャンピオンの方のグレイズ。
なんとなーくゲ○ター2を思いおこしてしまう。
先月発売のホビージャパンに掲載されていて、「マオルヴ・グレイズ」というそう。

20160320_133457

2012年のチャンピオンの方のバルバトス。
小さい女の子の興味を惹いていたのはコレ。
目はともかく、肩、膝、胸のピンク部分が光るとは!

20160321_014020

せっかくなので限定品もちょろっと買ってきた。
中でも目を引いたのはこのプチッガイのパッケージ。
使い回しが基本の限定品にあるまじき気合の入ったパッケージ。
しかも一番安い商品だぞ!どうなってるんだ!

以上、きちんとやる気も積みも増して、充実した時間でした!(

Leave a comment

Recent Tweet

category