5月 17, 2012
tronmc

リタックスティックで懐古厨

20120515_230439

時事的に人生ヤスリがけで終わるんじゃないかというこの頃。
ハイキューパーツのリタックスティックを使い始めた。

やすりほう台が無い今、当て木付属系アイテム(ヤスリスティックとか)をケチってしまうさもしい生活から脱出だ!
実際当て木系アイテムお金かかるんだもん!という言い訳はさておき、土台を流用するにしても両面テープを使うのがなんだか億劫で、だからヤスリスティックがいいんだけれど、結局ケチっていて…

リタックスティックの紹介 | ハイキューパーツのブログ 〜テクニカルガイド〜

というところでリタックスティック。何度も貼り替えができる、市販の紙ヤスリならなんでも貼ってしまえよ、という粘着テープが付くという夢のようなアイテム。上記の公式ブログページにあるように早速タミヤのフィニッシングペーパーを貼ってみる(と言っても、紙ヤスリはタミヤのとコバックスのしか持ってない)と、これまた安定して削れるんだこれが!ブレずにきっちり扱える上に、削り味はなんだか懐かしい。

プラモにヤスリをつかいましょー、となるとまずタミヤのものから入るのが定石だと思う…というのは思い込みか?とにかく自分はタミヤの紙から入った。そして、金属ヤスリとかタイラーとかヤスリスティックとか、土台の安定性と流行りに従っていろいろと回り道をしており、そうしてやってきてまたこうやってタミヤのところにもどってきて、削れるすげー、って言えるのは、感慨深いと言うと言い過ぎかもしれないが、なんだかおもしろいのだ。

タミヤのフィニッシングペーパー自体強いから当然といえば当然だが、ゲート処理なんかにもけっこうこれはけっこう使えそうな気がする。ゲート処理って一番コストがかかるところだから嬉しいところだ。
これで製作スピードが上げられますように!ていうか上げなさい>俺

 

Leave a comment

Recent Tweet

category