8月 30, 2005
tronmc

車に乗る大輔氏を見つつorz

Tronの八月末の東京シリーズその1。

就活で東京来ました!
東京といえば隣は千葉だ!
そうだジェフ千葉だ!
ということで練習見学に行ってきました!

…という明るく楽しく俺にとって初の生ジェフサッカー見物というメモリアルな記事を書く予定でしたが…

着いたときには既に終わってたんですよorz!!

この日は記念すべきオシム体勢での浦和戦初勝利の前日で、スケジュールは17:00より姉崎公園での練習。
俺のスケジュールは朝10:00より就活。

「7時間もあるゼ、余裕ダロ」

…青い。青い。青すぎるぅぅぅぅっ!

あれよあれよという間に、説明会が終われば面接、適性試験と続いていく。昼食を摂る間もなかった。
当然、昼食を摂っていないので動物性タンパク質やシュークリーム分が不足した俺には試験など敵ではなかった。

では何か?

そうだな…、スパロボならガンタンクvsネオグランゾン、サッカーなら俺vsブラジル代表、いや、俺vs翼君+岬君でもいいか。

ともかく、就活が終わったのはなんと15:30頃。開始まであと1時間半ほど。
既に汗だくだったので、過ぎる予定の無かったチェックイン時刻を過ぎたホテルでシャワー。ホテルは千葉県内だったので移動時間もあり、この時点で既に17時を過ぎていた。

そこからは千葉に向かい、そしてまた姉ヶ崎へと向かったが…。。。

あたりはすっかり暗くなっていた。
姉崎公園へ向かう道中、雨も降ってきた。時刻も18時半を過ぎ、まさに泥沼の状況。
祈りながら一心不乱に進んだ。

だからこそ、帰り道では沈んでいた。絶望していた。雨もいよいよ強くなり、惨めな気持ちでいっぱいだった。
何のためにここまで来たのだろう。歩くことさえやめたかった。

しかし、乗り込んだ帰りの電車で気付いたのは、それがジェフが好きだという気持ちゆえの絶望なのだ、ということ。
ズブ濡れで疲れてもいたが、それがわかったら、また何かがやれそうな気がした。

結局サッカーは見られなかったが、一人だけ選手を見た。
DFの斎藤大輔選手だ。
メガネをかける姿を携帯の公式サイトの写真で見慣れていたので、一発でわかった。
車に乗り込むところだったので、サインなんかはおろか、声をかけることもできなかった。

だってさぁ、暗がりだからってのもあるかもしれないけど…

表情が真剣すぎてマジ怖かったのよ。

あの写真で見られた知的なメガネ顔はどこへ…(;´д⊂

やっぱり、

ヤツを止めるにはポン・デ・リングしかない!

とか考えてたんだろうか。

そういや足を洗ってるオシムJr.も見ましたヨ。

Leave a comment

Recent Tweet

category