11月 24, 2012
tronmc

残酷な歓喜の、残酷な方

2012年、最初のJ2プレーオフは6位の大分の優勝、昇格となった。
ジェフはたった一失点で、たった一試合を落とし、それで来年もJ2で戦うことになった。

思っていたよりもショックが大きい。本当に、残酷としか言いようがない。
ここで勝ってJ1に上がることができれば、それはもう、全てを手に入れると言っても過言ではなかったと思う。
今年一年の成果として。
そして最後の最後まで希望があった分だけ、負けた落胆も大きくなって返ってきた。
たった一試合、一点でここまで…

たしかに、プレーオフじゃなくても悔しいときは悔しいだろう。リーグ戦でも僅差ってことはありえるんだし。
もっと言えば、そもそも自動昇格していればこんな思いもしなくて済む。
そういう意味では、負けてしまった今では、これにだけが悪いのだからとひたすら嘆く必要もなく、もっといろんなところを振り返って、気にかけてもいいはず。
とはいえ、勝てば官軍で、一歩及ばない成績だったにも関わらず、一年でマズかったところも何もかもが吹っ飛びチャラになる…というのは言い過ぎだが、少なくとも後悔だけはしなくてよくなるはず。
そういうのが一発勝負で決まる、というのが今回のプレーオフの残酷なところ。
棚ぼたのようなチャンスでも、J1に戻る意味は小さくないので、残念だ。

試合自体は悪くなくて、サイドを有効に使ってチャンスメイクもできていたのになぁ。
最近深井があまり出ていなくて、しゃかりきなところが見られなくて寂しいけれど、谷澤もまたいい感じで。
兵働も効いていて、さらにはフリーキックも本当に惜しい。レンタルだけどいつまでなんだろう。来年どうなるのかな。
米倉が活躍しているのも嬉しかったな。
一点を取られて、最後はオーロイを入れてのパワープレイ。といっても、このパターンはあんまり上手くいっていないような…。トールハンマーに限らず、このチームのラストのバタバタっぷりはいつ見ても切ない。(どこもそうなのかな?)

プレーオフははもうしょうがないけれど、来年もなんとか食らいついて頑張っていってほしいな。
順位だけ見ると、なんだか中位が定位置みたいなところもあるから、「中位のメンタリティ」と言われないように上に行ってくれれば!

Leave a comment

Recent Tweet

category