3月 4, 2012
tronmc

2012年のちばぎんカップからオシム時代を懐古する

スカパー様でおこぼれにあずかり、2012年はちばぎんカップ視聴から開始。ありがたやありがたや。

ここ数年、ビルドアップのもっさり感が気になっていたけれど、動いてスピーディにしかけられるようになっていたので、おもしろかった。パスの「とりあえず」な感じもあんまりない。出場機会がなかったオーロイどころか、ゲッセルももういないので、背の高い人に、とりあえず競ってとけよ!と無茶振りすることもできないのだから、さもありなん、か。去年は楽をしすぎたのかもしれない。

ホント去年と変わらないな、というのは深井の奮闘っぷり。
新顔も増え、放送の画質もお世辞にも良いとは言えず、誰が誰だかわからない場面も多かった中、あの人のプレーは一目瞭然。ギリギリまで粘っていくボールキープの攻防と、思い切りの良いシュートは今年も効いていた。

動いてつなげる、というとやはりイビチャ・オシムの時代を思い出さざるを得ない。しかし、パッと見だが、改めてあの頃と決定的に違うな、と思うのは、サイドの使い方。あの頃のジェフのサイドは安全地帯というか、危ないときに預けられて、突破力もキープ力もあるもので、サイドからギッチり前まで運んで放り込むのが定石だった。
しかし、今は浅めから中に入れる方が有効で、ゴールライン近くまで持っていってもあんまりいいことがある気がしない。
これは今年からこうなったというわけではなく、オシム離れ以降の選手、監督、方針(戦術)の変化・入れ替わりが積み重なってきた結果だ。職人的なサイドプレイヤーがいなくなったこととか、昨年なんかだとオーロイ頼みで中盤を省略気味だったとか、言い訳・要員は山ほどある。
結局深井が目立ったり、コーナーキックが少なかった(そもそも時代錯誤かもしれないが)のはそういう部分が表れたのかもしれない。
しかしながら、今年のチームは、ここ数年と違って、かつてのように深いところまで持っていってチャンスを生み出すサッカーをやれるのではないかと思える。あくまでやろうと思えば、だが。サイドにとても強いプレイヤーがいるわけではないし、最前線でのプレッシャーのかけ方も違う。が、違うなりに補えるパスワークと動きを持っているように見える。要は今年は躍動感があって楽しみなんだ!

今となっては、流行った分だけ走力、スタミナベースのサッカー自体や、その対策(ドン引き等)も珍しいものではなくなり、むしろ日本ではよりリスキーな戦術になっているんじゃないかとも思うし、ジェフがそこに固執する必要は全くない。でもって望まない。ただ、全体が動いて、二列目、三列目から飛び出し波状攻撃をかますオシムサッカー時代的ロマンは、サイドをえぐってナンボのもんだと思うので、今年はちょっと妄想したくなっちゃうのだ。

Leave a comment

Recent Tweet

category