3月 16, 2008
tronmc

改めて。私はジェフユナイテッド市原・千葉を応援します。

随分久しぶりにここに来た。
半年、いや、それ以上のブランクがあった。

001

 

昨年のジェフは、なんだか応援する気になれなかった。
勝利がないということ以上に、プレーから気持ちや積極性が感じられなかった。
そして、トリガーになったのはイリアンだ。
大好きだった彼が監督批判で解雇され、私は気持ちの整理がつかなくなった。選手は悪くない…はず。だが、そう割り切ることができなかった。
だから私は、応援することをやめてしまった。

けれど、再びここに来た。
今オフはレギュラーであり、日本代表クラスである主力が5人抜けた。監督も変わり、そこにオシムの血はなくなった。
落ちるところまで落ちたのかもしれない。
ヘコむどころか、日々期待は高まっていった。
坂本の復帰、クゼ監督という新しいカリスマの登用、若手の補強や起用(キャンプ、ちばぎんカップ等)により、新しい可能性を感じ始めたのだ。

そんなホーム開幕戦、対清水エスパルス戦。
結果から言えば、敗北に終わってしまった。

しかし、感じ始めていた可能性がさらに大きくなったのを、今年はおもしろくなるという確信を、感じた。

まず、エドこそエディ・ボスナー。
これはものすごいディフェンダーだ。上手い。上手すぎる。
高さもあり、危ないところにはしっかりいるし、体を入れるプレーも上手い。まさに『エド城』。危ないシーンも、彼のスーパーディフェンスで何度安心させられたことか。
キャプテンとなっ下村も攻守に積極的な活躍を見せたし、巻も気迫健在。ポストを叩く惜しいシュートもあった。立石も2ゴールを許したものの、神懸かりなセーブも多かった。

若手もよく頑張っていたと思う。
しかし、これから奮起しなくてはならないのは若手だ。
どちらかといえば、エド、大輔、坂本、巻などベテラン勢が引っ張った試合だった。
若手はどちらかというと前線に多いのだが、今のジェフの課題となるのは攻撃だ。開幕のガンバ戦から守備のチームだと思われがちだが、クゼ監督は攻撃的なサッカーのために、まず守備を徹底しようとしている。
だから中盤からの守備をもっとやってほしいし、攻撃面でも、もっとホールホルダーへのフォローイング(もちろんその逆でボールを渡すという選択肢があることも覚えておいてほしい)や、パス回しの素早さといった、攻撃の「キレ」が必要だ。
もっと自分を生かすために他を生かすということを学んでほしい。
とはいえ、チームの思い切りのよさは去年の比ではない。

今年の千葉は、若手が伸びて、ベテランと融合すれば、もっとおもしろいチームになる。これからがとても楽しみだ。

004

そして、自分自身も、チームのプレーに全力で一喜一憂、喜怒哀楽できた。
ありのままの自分を遠慮無く出すことができて、気持ちよかった。
私の置かれている現実は、やっぱりちょっと難しい。
片道2時間はやっぱり遠くて、観戦するだけで一日が終わってしまうから、あまりフクアリに足を運べることも多くはないと思う。
でも、ムリしないで、できる限り行って、楽しもうと思う。成長していくチームを見ていこうと思う。
帰りの電車で、イヤーブック(年一回出版される、チーム公式のムック本)を読んだ。
坂本と巻の対談があり、『若手は失敗を恐れずやってほしい。その責任はぼくらベテランが持つ。』とあった。
なんて頼もしいことだろう!
巻なんて、つい入団したのがついこの間の、まだまだ若手のような気がしていたのだが、もうそういう立ち位置まで来てるんだなぁ。
吹っ切れた!
ベテランと若手の融合、楽しみにしてる。やっぱり俺はジェフ千葉を応援していく。

Leave a comment

Recent Tweet

category