3月 11, 2006
tronmc

ホーム開幕戦を終えて

ホームでの開幕となる第2節、甲府戦は2-2の引き分け。
4-2で破れた前節大宮戦同様、残念な結果に終わってしまった。

一度観に行ってしまうと、こういう状況はすごく心苦しい。
もちろん自分一人でどうこうなるものじゃないけど、足を運んで応援することの大事さが少しくらいはわかったつもりだからだ。

今節もいつも通りのテレビ観戦となったが、なんだか去年のジェフと似ているようで違うように感じる。

前節を見て、希望としては3-0、現実的には2-2を予想していたが、本当にそうなってしまってヘコむことこの上なし。

私見としては、中盤というか、ペナルティエリアまでの攻撃の質が疎かではないかと感じた。
守りから攻めへの移行がスローだったり安易だったりして、さらにボール回しに力がない。
走りによってもらいに行ったりスペースを作ったりする動きがいまいち足りない+機能してない感じで、さらにはパスも弱々しい。

動かない対象に弱いパス…これでは相手からプレッシャーが来るのは当然で、身体能力の弱さをカバーできない。
どちらかというと、回すよりもキープしようという動きが目立つようになっているように感じられた。

戦い方として悪いとは言わないが、ジェフらしくない、ジェフには合わない…そんな気がする。

今年のJ1は、2節を終えた今のところ大量得点の試合が多い。
昨年は「2列目からの飛び出し」がJ全体で一つのキーとなったが、今年は「パンチ力のある攻め手(FW)」の存在がキーとなりそうな感じだ。
その流れに乗れと言うワケではないのだが、今のジェフの状態ではそれでもない限りこれから勝っていくのは難しいだろう。

もちろん、ジェフにそんな選手はいない。

最低でもポペスクくらいの決定力の強さは必要だろう。
マリオも巻も良い選手だが、マグノアウベスでもワシントンでもない。久保でも柳沢でもない。
クルプニコビッチはまだ未知数だが…

であるので、違う活路を見いださなければならない。
というか、もう一度人もボールもバンバン動く形を徹底させてほしいと思う。

Leave a comment

Recent Tweet

category