12月 3, 2005
tronmc

ザ・ドラマティック

 jcc_saka
←今日同点弾の活躍の坂本タイチョ。
これで今年のJリーグチップスのレギュラーは揃ったぞ!( ´∀`)

今年のJリーグも最終節。結局ガンバ大阪が優勝ということで、結果的にはW童貞卒業に収まった。
ジェフ千葉は4位でフィニッシュだが、ガンバとの勝ち点差は鹿島、浦和、C大阪と共に1。
優勝争いもここまでもつれ、もはや来年を占うことさえ例年以上に難しい。
今年は本当におもしろかった。ありがとうJリーグ。

【J1:第34節】千葉 vs 名古屋:オシム監督(千葉)記者会見コメント [ J’s GOAL ]

ジェフ千葉公式:リーグ戦を終えて ご声援ありがとうございました。

 

名古屋は自陣にてよくスペースを消していたと思う。
ただし、数的な面もあって、ボールを取るにしても数をかけていた。

ジェフも攻めに人数をかけるから余計に、ゴール前ではスペースを作るよりムリヤリなくらい細かく繋いでの展開。
それでチャンスが作れているのはさすがなのだが、ムリなシュートを打たざるを得ない状況が多いように見えるのは気のせいだろうか…。

しかしそれ以上に名古屋がきちんと打ちきれていなかったのも事実。

だから、こうなるべき結果だったのかもしれない。

ミスから幸運にも名古屋が一点を奪い、直後にPKで同点、さらにその直後に逆転。

示し合わせたようなドラマティック。

だが失点をして気持ちが入ったからこそ生まれた逆転なのだろう。

だから、彼らの気持ちがドラマティック。
それがある限り、我々はドラマを味わうことができるだろう。

もっとも、こういう試合でOKというワケではない。
オシム監督の言うように、ミス、そして勝ち点の取りこぼしを無くし、もっと良いドラマを見せてもらわねば。

J-SPORTSの中継で「サポーターに試合の予想を聞いたところ、6,7点取ってほしいという得失点差を意識した発言が多かった」と伝えていた。
予想ではなく願望だろう…というのはおいといて、こういう点から見れば今日の試合は裏切られたかもしれないが、大体の方はジェフがそうして大勝できるチームじゃないことも知っているだろうし、結果にもそれなりの満足感は得たことだろう。

まるで駆け引きをしてレートを落とされてしまったような恰好だが、極端に言えば、そんな運びばかりではいつかは見る側も信用しなくなるし、いつまでも取りこぼしばかりにもなる。

そのためにも、毎年のようにコメントから去就が気にかかるオシム監督だが、続投してミスや取りこぼしを無くす意識を植え付けてやってほしいところだ。

そして何より、選手達の来年の…おおっと、天皇杯がある。
いつも通りの、期待と、応援を…。

Leave a comment

Recent Tweet

category