11月 6, 2005
tronmc

ナビスコ杯、優勝

ナビスコ杯決勝はPK戦までもつれ、5-4でジェフ千葉が優勝。

一日経って、自分としては十分落ち着いてるつもりなんだが、まだ整理しきれていない感じがあって、正直何を書いたら良いものか…という気分だ。

どちらかを応援するファンにとっては、とても心臓に悪い試合だったと思う。
ジェフ側としては、まずは前後半のそれぞれ終盤あたり。とくに後半終盤は、攻められ、しのぎ、それでもボールが収まらずまた攻められ…というガンバの時間がたまらなくツラかった。
今までの試合の経験からしても、コーナーキックも多く、ちょっとしたミスや、ボールのこぼれ方で点を取られることが多い局面だった。

その後に訪れた巻のゴールでは文字通り飛び上がってしまったワケだが、それは幻に終わってしまった。
これはこれで、ガンバ側はものすごく心臓に悪かっただろうと思う。

そして、延長後半がこれまた手に汗握った。
ジェフが攻める時間になっていたが、それにもカウンターの恐怖がつきまとった。
オシム監督の言う「リスクを冒して攻める」姿なのだろう。
とてもエキサイティングだけど、健康のためにはあまり何度も何度も見たくはないね( ̄▽ ̄;

PKも言うまでもなく心臓に悪い。
その中でおもしろかったのは、途中交代で入った選手が全員、先の5人の中で蹴っていたこと。
120分走った選手は疲れがあったためだろうが、とはいえ水野、工藤、林と、若い選手がああいうプレッシャーのかかる場面に普通に登場してくるのは、普通に見れば意外なことだろう。

それだけチームが一丸となっているということ、責任においての平等さがあったということなのだろう。

優勝したことは、とにかくうれしい。
涙が出た。
サッカーが、ジェフユナイテッドが好きで良かったと思う。

このときのために今まで好きでいたとは思わない。
なぜなら、まだ先があるから。
時間が経つにつれて、それこそ単なる通過点の一つにしかならなくなってくるかもしれない(というかそれくらいになって欲しいと思う)が、まず一つ、忘れられない想い出と、確かすぎるほどの確証を手に入れた。
その点では、ジェフは今一番強い「心」を持ったクラブなのではないだろうか。

Leave a comment

Recent Tweet

category