7月 13, 2005
tronmc

見れ!「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」

去る2005年7月9日、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」が日本での公開を迎えた。
もはや書くまでもないが、新三部作、そしてスターウォーズの完結となる一本である。
自分もはやる気持ちを抑えきれず公開日に鑑賞してきた。

率直な感想を綴ると、「想像以上」というのが正直なところ。


アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダーになるまでを描いた、旧三部作以前の物語が、今作エピソード3を含む新三部作なのだが、物語を彩る要素の大半はエピソード2までで描かれており、エピソード3はある程度展開が読める作品であった。
それでも劇場で鑑賞した際には言い表しようのない高揚感と感動を味わうことができた。
とくにアナキンに対する、師、オビ=ワン・ケノービの想い、そして終幕に向けて紡がれる悲哀の数々は、SF冒険譚であるスターウォーズ、という観点で見れば異色な要素かもしれないが、その異色感以上の説得力がある。

これもまたエピソード1,2という積み重ねの元に成り立っている要素であるのだが、逆に言えば積み重ねが必要だということ。
その点、新三部作は多少マニアックなきらいもある。理解するのに多少の努力は必要だ。
ただ、こういう考え方は表裏一体なもの。
悪く言えばマニアックで難解だが、よく言えばボリュームや深みに富んでいるということだ。

そういう点では、新三部作によってスターウォーズは、日本を代表する連作SF作品である「ガンダム」に勝るとも劣らない作品性を手に入れたとも言えよう。

実際、勧善懲悪からの脱却であるとか、政治、社会や個人感情の深み、葛藤、そしてキャラクターの多彩さとその愛着感など、両者には共通点が多く、解釈をする際、その手法が似たものとなってくる面もある。
その解釈の後に得ることができるのは、人間の生き方であり、人間への愛である。

そうはいっても、そんな小難しい理屈を詰め込めば映像作品が楽しいのかと言えば、そうではない。
逆に、映像作品なのだから楽しめればそれでいい。
そういう意味では今作エピソード3は、導入からシリーズ最大規模の艦隊戦あり、オビ=ワンも新キャラ、グリーバス将軍と機転に富んだ戦闘を繰り広げる。ライトセーバーを使った戦闘も豊富で、もちろんアナキンとオビ=ワンの戦いは最大の見所。活火山惑星・ムスタファーにおいて、ほの暗い中で二人のライトセーバーが交錯する場面はどこか幻想的でさえあるほどだ。

さて、今回映画のパブリシティでメディアに多く露出している我らがダース・ベイダー卿だが、漆黒のスーツとマスクに身を包んだ彼は、実は
それほど登場機会が多くない。だが、彼は旧三部作とは明らかに違う意味を持って登場してくる。背負うもの、象徴するものが全く違うのだ。
作品屈指の人気キャラクターである彼がどういうキャラクターであるのか、それは是非ご覧になって確かめてほしい。
まずは単純に楽しむ、ということが一番ではあるが。

3 Comments

  • 僕はまだ見てないんですがこのブログをみて
    見てくなってしまいました。
    想像以上に期待大。

  • はじめまして、れんさん。

    そうです、想像以上です。
    スターウォーズで泣くことはないだろうと思ってたら泣けましたもの。
    是非劇場でやっているうちに一度ご覧になるといいと思います!

  • エピソード I / 見えざる脅威?【スターウォーズ鑑賞ガイド】

    ジェダイと女王がナブーを目指していることを知ったシディアスは、再びモールを派遣し、ジェダイとの戦いを命じる。アミダラはジャー・ジャーの案内でグンガンの避難…

Leave a comment

Recent Tweet

category