8月 11, 2009
tronmc

映画:仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー(と侍戦隊)

やはり子供向けという所為なのか、仮面ライダーの映画というのは、おもしろいんだけれど期待値ほどではなかったり(とくに響鬼がそうだと思うのは、前半の作風に入れ込みすぎだからだろうか)、楽しめるんだけれど展開や設定に納得がいかない(電王はこのパターンが多い)ものがあったりします。
もちろん、ちっともつまらないものもあります。去年のキバがそうでした…。

そんな中でのディケイドの映画版「オールライダー対大ショッカー」ですが、ほぼ文句なし!
正直なところ、期待値以上におもしろかったです。

前提条件、前知識についてですが、自分の場合はディケイドを毎週見ていてよく知っており、好きな方。テレビでの物語が煮え切らなくてフラストレーションを覚えるくらいには好きなのです。
ということで、上述の文章で察しはついていると思いますが、これはマニアの感想です。

その上で何がおもしろかったのか?という話ですが、まず設定とか、話の展開です。
マニアのわりに前情報をあまり集めていなかったということもありますが(苦笑)、本当に予想を裏切る展開とか設定がついていて、久々に「ワクワク感」というものを味わうことができました。

また、けっこう重要だったのが、予想を裏切りつつも、ぶっ飛んでないところです。
何かと言うと、設定や展開はきちんとこれまでの「仮面ライダー」や「ディケイド」の作品世界で起こりうるような味付けで作られているので、感心できるんです。(ぶっ飛んでいたら、「なんつーご都合主義だ」…と言ったきり閉口するしかありません。「電キバ」がそういう感じでした)

なので、逆説的になりますが「マニアにはたまらない」一作です。
こんなにおもしろいライダー映画ははじめてだ!

以下、ネタバレトークです。

●海東さん!
さすがに狂言回しとはいかないまでも、海東大樹=ディエンドが今回かなりのキモ。殊勲賞モノの活躍をしています。とくにキングダーク戦で巨大化Jを「とっておきのお宝」として連れてきて、ディケイドをFFRさせてしまう!(どこで手に入れたんだそのカード!)という流れはシビレました。
また、エンドロールでもなかなか。たぶん自分が女だったら腐るんだろうな…という破壊力がありました(^_^;)
でも、他の世界から仮面ライダーがやってきてやっと戦える…という今回の状況構図は、逆に彼のカメンライドのスペックの低さを指し示すとも言えるか?

●てつを
劇場版に先駆けてテレビで再び南光太郎として登場し、大いに「ディケイド」を盛り上げた倉田てつを氏ですが、映画ではお顔出しの短いこと短いこと!声があったとはいえ、ちょっとヒドくないか?同じく劇場版でのオリジナルキャスト出演で話題となった賀集利樹も同じく。

●モモタロス
てつを氏と賀集利樹がチラリしたシーンで続けてチラリしたのはモモタロス。古いオリジナルキャストと肩を並べたっていうんだから出世したもんだ…。ソードフォームで、ツカミのギャグを入れてからきっちり「俺、参上!」をやっていたり、FFRしてキバアロー撃ったり、何気に目立ってたというか、扱いがちょっと格上な感じが。やっぱり出世したんだなぁ。。

●夏メロン
まさか栄次郎おじいちゃんがおじいちゃんのまま出てきて、そのまま死神博士に変身しちゃうなんて!士に加えて、の事態。とてもショックだったろうなぁ、夏メロン。。実際少し幼げな閉塞感がよく出ていた演技に見えた。でも世界がグチャグチャになっても積極的に動いて、海東にもきちんとツッコミを入れ、士が戻ってくるとスマイル満開(w)。いいキャラだ。

●NEWクウガ
新フォーム、ライジングアルティメットが登場………したのだが、とくに登場にひねりもなければ、洗脳が解かれた後のユウスケが(目の色は変わるが)普通にそれに変身もできてしまう、というあたり少し興ざめ。洗脳時は真っ黒アルティメット、それを士、士妹とユウスケがどうにかして乗り越えてライジングアルティメットに変化!という感じだったら燃えるんだけど。フィギュアーツでないかな。もちろんクウガらしい背の低さでお願いしたい。

●昭和ライダーの方々
1号2号が動くたびにあの効果音が鳴るのがおかしいような嬉しいような、とにかく笑ってしまいそうだった。V3はやっぱり「ブイ、スリャー!」で安心。アマゾンはなんか戦い方がおかしいよ。いや、普通な感じでおかしいんだ。アマゾンはもっとヘンな動きをするもんじゃないっけか?

●平成ライダーの方々
ディケイド・響鬼の鬼火の色が…!キバはキックに行くときヘルズ・ゲート開こうよ(^_^;)ブレイドはやはりというか、どんだけ上から下にぶっ刺すのがお好きなんですか!

●ディケイド、士
既にテレビがわけのわからない方向(きちんと広げた風呂敷をまとめて終わらない感じ)に向かっている中、ディケイドが大ショッカー製という設定にはうまい話のまとまりを感じる。もっとも、ならばなぜカメンライドやファイナルフォームライドは平成…?という疑問があったり、世界移動の仕組みは…?という部分は残るが、この劇場版以上の解をテレビ版は出せるだろうか?それに原点回帰と予想の裏切りの両方があったのも良かった。
物語の表層だけ見るとそうではないが、設定を考えると、多少人格にブレを感じるのは私だけだろうか?記憶が戻ってもあまり今までと人格が変わらない…そんな人間があの「ド悪」な大ショッカーの首領なんかできるのだろうか?そんな人間が結城丈二の腕を切り落として、なお結城丈二にライダーとしての誇り高さを説かれるだろうか?そういうあたりはちょっと腑に落ちないが。。
しっかし、FARのあのキックは案外強いのなw

●シンケンジャー
去年の秋冬あたりからテレビでの戦隊鑑賞はドロップアウト中。なのでシンケンジャーのまとまった話を見るのは始めてになるのだが………毎年思うんだが戦隊の黄色の娘ってかわいいなぁ。。
去年は銀も良かったけど。
今年は撮影スケールがすごかった程度でキャスティングの豪華さとかはないように感じたが、間違いない…よな?例年に増して空気というか、25分程度でたいした盛り上がりもなく終わるあたり可哀想な気もしつつ、例年通りその尺でライダー延ばせよ、と思いつつ…。

Leave a comment

Recent Tweet

category