4月 1, 2012
tronmc

鈴子の恋

正月明けから見ていた昼ドラ「鈴子の恋」が三月いっぱいで終わった。娯楽性に富んでいて、見て良かった!と思える作品だった。今年の1〜3月の中では、一番のお気に入りだ。

これ以前(昨年)の昼ドラはしばらくドロドロしない現代劇が続いていたので、予告の時点ではそれらの雰囲気があることに少し戸惑いを覚えたが、序盤はそういうこともなく、明るく人情味あるドラマにぐいぐいと引き込まれていった。

あくまでその生涯を元にしたフィクションだが、ミヤコ蝶々(本名:日向鈴子)の一代記が描かれた。

Leave a comment

Recent Tweet

category