10月 22, 2011
tronmc

連ドラ感想集(2011年夏~秋)

 

大作があったか、っていうとそうじゃないんだけれど、今振り返ると、2011年で一番熱心にドラマ見てたシーズンだった気がする。新規性と定番っぽさのバランスが良かったかな。

●全開ガール

序盤はガッキーのスーツ姿に興奮したが、中盤からリッチになってからはエロさが減った…というのは半分冗談だけど、貧乏くささもおもしろさの一つだったので、そこがなくなっていって、徐々にただのくっつくまでストーリーになっちゃったのは事実。
CMでいいシーンをふりすぎで、見てるときのテンションもあまり上がらなかった。

 

●絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~

ハイテク捜査と言えば聞こえはいいが、ここまでやる警察はイヤだなぁ、とヒいてしまった。そういう意味では、序盤の桜木(上戸彩)の勝手の悪さや葛藤は見応えがあったが、そこはやっぱり慣れていくのね、ということで。
そして、やばい!スネークしてんのが見つかりそう!→ギリギリセーフ…という展開も多すぎ、視聴者も緊迫感に慣れていくのね、と。自分でもわかる。
前作から継続のキャラクターたちに漂う重さが、放送開始前のスペシャルを見ていないとわからない、もとい見ていてもなんだか掴みづらい感じだったのが気になる。
新参だと、桐谷健太がリーダー格の役なんていうのは実感がわかなかったけれど、なかなかにリーダーっぷりのある冷徹さが出ていたと思う。今後は大人の役所にも期待が持てる。

ばち☆すたチームバチスタ3 アリアドネの弾丸

相棒劇場版2での谷間が良かった小西真奈美がいたのでつい見てしまった(待て
いや、最近小西真奈美って連ドラであんまり見られないじゃない。レギュラーでいろんな表情が見られるってだけでもめっけもんだよ。艶やかな長い黒髪がキレイでした。
「Ai」がキモっぽい語りの割にはあんまり直接的には役に立たない。物足りない気もする反面、おかげで紋切り型にならなかったのも事実。そんな二転三転のおかげで、ドラマとしてはけっこう楽しめた。

●新9係 Season3

相変わらず加納さんが料理しすぎで変人でついていけないwww
すっかりネタが尽きたからか、9係内のキャラの事情、エピソードよりも事件云々の比重が高まっている。それ自体の完成度は高いのだけれど、このままシリーズを続けるのは苦しくないかな、と思ってしまう。

●ブルドクター

序盤数回しか見ていない。志田未来が大人になっててビックリした。以上。

●京都地検の女(第7シリーズ)

新しい準レギュラーに大塚千弘、というのが素晴らしい!
おばさん、オジさん、とカテゴライズだけでもコミカルなキャラクターの中、バランスを崩さない”きれいすぎない花(華)”として機能。一気にこのドラマの幅が広がった感じがした。

●渡る世間は鬼ばかり(最終シリーズ)

話のタネに最終回だけ見てみたが、何の起伏もないまとめ振り返り話(といっても新録り)。長年続いたものだからこその贅沢か。

●ドン★キホーテ

なにげに菅田将暉。

コミカルな任侠ものには弱いんだよなぁ…。
コンセプトのユニークさと裏腹に話運びは意外なほど奇をてらっていない。各話の題材も、陳腐だろうが何だろうが、世界観を生かして正面から体当たりした感じで、斬新さには欠けるかもしれないけれど、飽きずに見られた。
不思議なのは、実際には物語の中では入れ替わりは一回しか起こっていないのに、主役の二人に、片方の役に偏ったイメージがつかなかったところ。配分が良かったのかな?

 

花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011

AKB48で見ていると、前田敦子は比較的体が大きめに見えるのだが、たくましい男子達の中では小さいこと小さいこと!演技については、セリフに不自然さが拭えず。前田敦子が下手なのか、芦屋瑞稀というキャラ(もしくは、今作でのその演出)がそうなのか…どちらにせよヘンな感じが。 男子キャストも全体的に前作ほどビッグネームではなかったが、メインの中村蒼、三浦翔平など、今の俳優それぞれの方向性が見えたのはよかった。
ストーリーや演出等はぐだぐだ。メリハリに乏しく、彫り込みも場当たり的。滑っても勝手に喜んで突っ走るお笑い芸人のようで、何が本題、目的だったのかわからなくなることもしばしば。遊びすぎです!

Leave a comment

Recent Tweet

category