10月 22, 2011
tronmc

連ドラ感想集(2011年冬~春)

これ以上忘れないようにシリーズ。とりあえず今年の分は書いておく方向で(今タイトルを見返して「これ今年か!」って思っちゃうタイトルがいくらかあるのはナイショ)

 

●CONTROL ~犯罪心理捜査~

EDの目をつむった松下奈緒は良かった。
つまらなくはなかったが、タイトル負けしているような気も。
コメディ込みの刑事ドラマとしては及第点だったが、最後まで心理学の部分もコメディ用ガジェットとしての側面が強く、それが払拭されなかった。
つまらなくはなかったが、ガリレオシリーズのような関係性は生み出せなかったようだ。

●美しい隣人

ナカマイヤーさん。
壇れいは金麦のCM等で綺麗な人だと思っていたが、連ドラで毎週見ているとそうでもなく思える、もといなんか見るのも辛くなってくるのがわかった。これ即ち、「美人は三日で飽きる」であると心得た。
序盤のミステリアス感は鳥肌モノだったが、後半壇れいがキレると、とにかく悲壮な展開に。一歩踏み外した狂気と狂気のぶつかり合いがただただ悲しかった。
ラストは濁されたような感じで、読解できなかったのが悔しいが、過程が十分楽しめたので良かった。

●スクール!!

破天荒教師モノも一巡した?破天荒だけどカタギで、とにかく熱くてウザいタイプが主人公の教師もの。
ただ、小学校の校長という立場もあり、学校全体に影響を与えつつ、同時に端的な部分として、職員室のメンツの心意気を変えていく…というのは、小さいようで小さくない、大きいようでそこまででもない、絶妙なスケール感があった。とても真面目なドラマ。

●ホンボシ

仮面ライダーW後初(?)の桐山漣の連ドラレギュラー出演に全日本が泣いた。
CONTROLと違い、事件の謎解きにガツガツ心理学みたいなものを使っていくタイプだが、それを使っていく立場である、主演の船越英一郎の演技がとにかくねちっこい。単発2時間もの等ではたまに見られるけど、連ドラで、しかも最初から最後までこんなにウザい船越英一郎はなかなか貴重では。ポスト杉下右京でも狙っているのだろうか?w

木8にありがちな話の飛躍感もあるが、木8らしいチーム感も出ていた。それは大抵ワントップ布陣なのだが、もうちょっと流動的にポジションが動いて、トータルで話を動かしていくあたりは、少し新しいかな、と思った。
他の木8同様に続いていくことを祈る…けど、大塚寧々さんはもうちょっと化粧をなんとかしてくれないだろうか…

●告発 ~国選弁護人~

ミドルエイジの配役が心憎い。渋い。ただし真矢みきだけはサバサバした役どころなので、若干某CMを思い出して笑ってしまうかもしれない。
法廷のやり取りをはじめとしたセリフが見所の一つなのだが…田村正和さん、セリフが聞き取りづらいよ!もう少しハッキリ頼む!w
最終章の釈由美子の悪女っぷりも見ていて爽快だった。

●悪党 重犯罪捜査班

この時期のドラマでは一番おもしろかった!
主演の富樫役の高橋克典のドスの効いた演技がツボ。
富樫が仕切るチームも極端な強さ(現実的な強引さ)と弱さとが同居する刑事たちで、アクは強くないが、キャラクターとして愛らしいし、個々の抑えの効いた演技も光る。
主役となるチームがあまり褒められない手段で事件を解決していくから「悪党」なのだが、それ以上のワルとして登場する、体制側の前島(村上弘明)がまた素晴らしい。不遜すぎ、無敵すぎ、見せ方は正真正銘のワル。主人公達が「リアル系」のワルならば、前島は「スーパー系」のワルといったところ。
間で翻弄される小泉孝太郎もナイスチョイス。貫禄もあるけど、初々しさがいつまでも抜けない感じが良い。
ヤクザ等とは違った、(正義の)ワルの宝石箱や~。非常に楽しませてもらった。

Leave a comment

Recent Tweet

category