5月 17, 2011
tronmc

映画:ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破

最初に二言だけ言わせてくれ!
マリの声はルナマリア・ホークにしか聞こえない。
カヲルの声はアスラン・ザラにしか聞こえない。
例えばマリの坂本真綾さんは、他にはスターウォーズのパドメをよく知っているけど、それはそうは聞こえないんだよね。なんだろうね。

そして、綾波レイの振る舞いは長門有希にしか見えない!

さて、かなり遅れたけど「破」を見た。
とにかく濃度が高い娯楽という感じが。長い時間に喜怒哀楽というか、笑いも泣きも恐れもみっちり詰まっている。
前作は娯楽的な部分を中心にする方向に大きくシフトした印象があったが、適度に旧作にあったような小難しさも顔を大きくしており、これ一本の満足感と共に、小難しい謎の答えに近づくための続き(次作)がとても気になる気持ちも出た。未だ公開されていないが、劇場公開時に見た方はよく我慢していられるものだと感心する。

もっとも、そんな小難しさは近年のアニメやゲームでは珍しいものではない。
エヴァンゲリオンというのは、その流れの先駆け…とはまでは言わなくとも、潮流を作った作品の一つと言って差し支えないだろう。
だからそれは当然の帰結と言えなくもないし、そういう意味では、らしさは守っていると言えるが、逆に言えば one of them になっていると言えなくもない。
そういう部分が、上に書いたような他の作品のキャラに聞こえる、他の作品のキャラに見える、という現象を感じさせるのだと思う。

それを踏まえ、そしてまた物語の展開も今作でやっと旧作を大きく通り越したという点においても、次作以降はニュースタンダードとなるような展開を期待したいところだ。

Leave a comment

Recent Tweet

category