5月 17, 2011
tronmc

映画:BECK

先のオーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーのレビューで、「役者話ばかり熱くしているような気がしているが、これはまだいい方…」と書きましたが、今回は悪い方の話。
とはいえ、書き始めるとキリがないので自重気味に。

これ、キャストがとっても気になるんだよね。

まず仮面ライダー的に。
主演の水嶋ヒロ、佐藤健はそれぞれ仮面ライダーカブト、電王。
佐藤健(電王)をイジめる先輩は、NEW電王(電王/良太郎の孫、幸太郎)の桜田通。
佐藤健(電王)の恋敵は、実質の共演こそないものの、「超電王トリロジー黄」でG電王(黒崎レイジ)を演じる古川雄大。
古川雄大がフィーチャーされるライバルグループのメンバーに、おなじみアンクこと三浦涼介(フェスではマラカス担当でステージに上がっているぞ!)。

また、水島ヒロと佐藤健はドラマ「メイちゃんの執事」でも兄弟役でメインキャストで共演している。
彼らが本作で所属するバンド、BECKのメンバーにはそれにメインキャストで出演していた向井理。
また、本作で佐藤健と恋仲になる忽那汐里もこれに出演していた。

BECKのメンバーとしては、桐谷健太が佐藤健とドラマ/映画「ROOKIES」で共演。中村蒼は思いつかないが、なんとなく「メイちゃんの執事」の夕輝壽太と印象がカブる(笑)。

……ということで、配役的に楽しめました!

っていうのもおかしいよね。腐ってるよね。

失礼ながらキャリアが豊富でなかったり、知名度がそんなに高くない役者さんだからこういう見方がおもしろくなってしまうところは否定できない。
が、こういう見方以上に映画自体がおもしろければ、まずはそれについて書くのではないかと思うのだ。

これまた比較するなと怒られそうだが、同じバンドもので挙げると昨年は「けいおん」ブームで、それは主に部活、学校といったように比較的舞台がクローズドだったのに対して、本作の舞台はスタジオ、クラブ、ライブハウス、最終的にはフェスのステージと、等々対極的なほど外。
「けいおん」を見て「ギターでもはじめてみようかニャー」等思った方、やってみた方には、その舞台設定だけで共感できるところもあるのではないだろうか。(楽器を志す人が一様に外を向くという話ではない)

しかし、外を向くというのは、戦うことだ。
登場人物に「善良な市民」的な人物はほぼいない、いわゆる不良モノのようなノリではあるのだが、それにしても本作は戦いを無理にこしらえすぎだ。
水嶋ヒロが演じる南竜介行動や決断で話は進んでいくのだが、行動原理は天啓レベルであると同時に、自分の都合で勝手に戦いを背負い込み、火種を撒いてはバンドを危機に陥れ、一人でガクガクブルブルしているのだから目もあてられない。

しかしながら、時折見られる小さなギャグ/シュールシーンは評価できる。
とくにカンニング竹山が絡むシーンは一見の価値有り。脇役、ギャグキャラのようで、ある種の狂言回しのような部分もあり、バンドとしてのBECK云々はともかく、物語が進むにつれてエクストリームしていく、それに対する彼の絡み方を見ていた方がおもしろい。
そういう意味では、「BECK」はおすすめとは言えないが、一見の価値有り。なるべくサウンドのいい環境で、ぜひ!

Leave a comment

Recent Tweet

category