7月 1, 2015
tronmc

【バレなし】カオチャ、10章まで

ニュージェネというと、島村渋谷本田より猟奇殺人の方をイメージします。
いや、渋谷のことではあるんだけど。

ネタバレの方はパスワードをかけときました。
力士シールは「○番目のなんちゃらかんちゃら」です。○に入るものをご入力ください。

2015-06-28-025420_19232565035_o

そこまでキャッチーじゃないけれど、ある意味まゆしぃ的。
おっけいさんの口癖数種類、聞けば聞くほどハマってくる。…洗脳か!?
あと、もの食いながらしゃべるときの意味不明感がかわいい。

2015-06-28-224620_19269468036_o

テキストを消すと、いかがわしい雰囲気が出てくる絵ヅラを楽しんだり…

2015-06-28-224934_19109414759_o2015-06-28-224115_19109408819_o

なぜかときたま出てくるエリンをおもしろがったり。

とても楽しくカオチャ生活を過ごしております()

どうしてもカオヘと比較して、身構えながら進めてしまうのだけれど、同じようでいて、なかなか毛色が違う。
前作は、不健康ながらも馴染みやすく、どこか薄っぺらい日常が徐々に歪んでいきつつ進んでいく感じだったけれど、今作はお仲間が多く、なんだかんだで居心地の良い関係が築かれていく。
そういう土台がぺったんぺったん盛られていって、いつの間にかけっこう高いところに。
いい景色なんだよねー…というその土台が、ガツガツと壊され始めていくところに差し掛かりました。

9章の最後は本当にシンドかった。あんまりだった。
ウワァーッ!今か!?今この柱を折るのか!?まだ終わりが見えないというのに!
これからコレを越えるシンドさがあるのか!?
ないだろ!…ああ、しばらくぼんやりしてよう。

こんな具合なんだけど、気になるものがポツリと残されて、シンドいけど先に進まずにはいられない。
うーむ、困ったものだ。。

7月 1, 2015
tronmc
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: 【ネタバレ】カオスチャイルド1週目進行中。10章入り口まで!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

6月 26, 2015
tronmc

カオスチャイルドを買いまして、1章まで

image

やって参りましたカオチャです!Vitaです。
やはりPSO2ばっかやってて体験版もあまりやっていなかったのだけれど、冒頭の事件(「こっちみんな」)のとこはやっていてよかった。
気持ち悪いっていう言葉で合っているのかわからないけれど、痛い思いをする表現が苦手で苦手で、初見のとき、不快な気分になってそこで一度中断したことがあって。
製品版買ってそうなったら、それはさすがにもったいから…そこだけはよかった。

体験版でやれたらしい1章がやっと終わったところで、これでも体験版やっとけば、ってなるんだけれど、ルビが潰れてて読めねーよ!とかやっぱ音悪いなー…とかVitaに起因してるようなやりきれないところもチラホラ。
据え置きでやるガッツがないから…仕方ない(^_^;)

でもまぁ、そういうのもそこまで致命的に気になるわけでもなく、楽しく、おもしろく…というと語弊があるか?テンション高くプレイできております。

 

物語的な話ではないのだけれど、まず1章やっていて思ったのは、キャラクターの表情がおもしろい。

2015-06-27-042742_19008869200_o

特段インパクトがあったのが来栖乃々。こういうあたりはただのギャルゲーの感じだが…

2015-06-27-042813_19190679562_o

この眉毛ですよ。それぞれここでは感謝のセリフを言いつつも、何か照れ気味なんじゃない、という感じに見て取れるけれど…

2015-06-27-043133_18575901183_o2015-06-27-043204_18573984054_o

逆に不興を買うようなシーンを経ると…

2015-06-27-043214_19190672892_o2015-06-27-043217_19170367746_o

なんとも言えない笑顔でキレる顔に。コワイ。
二面性というか、何かが半分ずつの感じがおもしろい。ウマイ。

2015-06-27-043510_19010323249_o

あとは、ビシィさんの後釜的な人(おっけいさん?)。
ペコちゃんのてへぺろから後ろめたい要素を消したらこういうドヤ的な顔になるのかな、というすごくディフォルメ的な印象を感じる表情。おもしろい。

2015-06-27-045847_19200087741_o

一応普通の顔は普通なのだが(なにそれ)。

そして、こういうおもしろみを感じる表情は、明るさがあるというか、深刻ではない場面で出てくるわけだから、つい妄想トリガーもポジティブで勧めがちになっている。
そうするとまぁ、ラブ、セクシャル、萌え……あと若干変態的な場面が出てくることが多いのだけれど、正直今作のタクはちょっと理知的で融通聞かなそうなところがあるので、そういう妄想をするという部分について、最初は若干違和感があった。
トリガーを積み重ねていくと、それが既成事実になってしまって、男の子だしね、といつの間にか納得してしまうのだけれど、思い返して改めて思うのは、前作のタクがそういうのにフィットしすぎてたんだな、と。

ナチュラルボーン・変態妄想家チャンピオン。

すげぇや。
それが強大なギガロマニアックスとしての説得力、カタルシスでもあったので、今回はその辺に比肩するようなところが出てくるのかどうか!?
期待と不安が半分半分なのだが、自分の眉毛も左右で別の動きをしているのだろうか。

6月 17, 2015
tronmc

ゲーミングマウスでPSO2

 

pso20150509_011710_000pso20150302_234433_011

ヤバイです。PSO2ばっかやってます。
ほぼPSO2しかやってません。
最近引っ越ししましたが、それから360もPS3もしまいこんだままでございます。

そして、PSO2のためにゲーミングマウスも買ってしまったぞ!

RIMG0893

ロジクールのG402。
レンジャーでライフル使うのに良いかと思い、DPI調整ができて手頃なものをチョイス。
結局近接ばっかりやってるけれど、それはそれで役に立つ。
攻撃中にもマウスを振って視点を動かして、敵が動いてもすぐついていける。状況も見られる。結果的に、立ち回りの幅が広まって、ロックオンを使う機会が激減。

RIMG0894

また、フォースはタリスが強いということで、最近タリスメインにシフトしたので、これまたマウスでTPS視点にすると捗る!
左ボタン横にある2つのボタンでDPIの調整ができるのだけれど、これを使う機会が一番多いのがこれだったりする。普段はちょっと低めにして、慎重に狙って投げる。主にタリゾン。ラフォイエとか座標テクもいいよ。
バーストがきたり、乱戦になったりと展開が早いときは。パパッとDPI最高にして、ザクザク投げて、テク撃つ。補助を撒きつつ、サッと上に振ってラゾンデ降らせるなんてのがとても良い。

レンジャーはまぁ…マガツですんげー役に立つよ!しかしラグの前にはどんなマウスもかなわないのであった。

 

役に立ちまくりでもう常時マウスなのだけれど、一つだけ困ったことが。

ガンナーができない。

Sロールなのよね。Sロール。
Sロール中の射撃とか、2回で止めてスローモー防ぎながら立ちまわるとか、滞空とか、そういうのがさっぱりできない。できそうにない。
他のクラスでする操作と全然操作のタイプが違うので、できる気がしない!

せっかくグリムとマスタリーでおもしろいクラスになってきたのに、残念なことでございます(´・ω・`)

5月 8, 2015
tronmc

体のバランスにテンションが上がる RG ダブルオーライザー

RIMG0838

RG ダブルオーライザーは、連休で仮組みのほとんどがおしまい。
思っていた通りのやむなし感がある部位もあるけれど、組んで見ていてテンション上がる箇所も意外とあって、本当にナーメテーター。

RIMG0842RIMG0846

ダブルオーライザーもいいけれど、ダブルオーガンダムの状態がかっこいい!テンション上がる!
あまり気に入っていないMGも、オーライザーなしならそんなに悪くないなぁと思うときもあるし、単体が良いのは別に珍しいことでもないのだけど…

RIMG0849RIMG0852

今回のRGは、ダブルオーガンダム史上最もドライブ、バックパックのない状態がかっこいいと思う!すごい!最高!
これが大正解といいうワケではないのだけれど、とてもうまくまとまった体型になってる。程よいボトムヘビー、
とかくバインダー等で印象が薄くなりがちなところなのだけれど、今回は00R形態でも消えない。

RIMG0854RIMG0856

説明書の組み立て順が足→胴体→腕→頭だったのだけれど、このあたり…胴体がついてから、腕がつくまでの間が一番テンションが上がった。
きちんと足の引き立つ胴体になっているなぁ、と。
またdisりになってしまうけれど、この胴体のバランスがMGでは不満だったので、余計テンション上がったのかも。

RIMG0864RIMG0866

おトルソ的なあたり。
今回は割と角ばっているイメージがするけど、実はやたら角ばってるのはこの肩口くらい。これが全体にカッチリしたイメージを与えるというのだから!

RIMG0867

しかも、この肩口は合わせ目があるという!
背中はLEDは入らないけれど、MGと同等のディテール。

RIMG0857RIMG0859

そしてこの短めでがっしりした腕!

RIMG0860RIMG0861

腕は、前腕の前側がライトグレーに。うーん、やっぱりこの配色がよくわからん。

 

RIMG0862RIMG0863

フレーム流用の都合、ヒジはレンズ部が関節の軸とならないのが、今までとの大きな違い。
前のコネクターはそんなにハマりますオーラもなし。色分けされてるのは嬉しいや!

RIMG0868RIMG0870

肩は分割、段落ちがあるけれど、エクシアのように色分けはなし。こういうところは分けてもよさそうなところなのにね。

RIMG0877RIMG0878

今回のRG版の真骨頂は、この後ろ姿じゃないかと思う。
いいケツしてますよ。下半身のガッチリ具合が如実にわかる。後ろは後ろで、前に突き出てこないから感じる体型の良さがあるように思う。
エクシアもこれくらい肩が小さかったら、設定画通りになってたかな?

RIMG0879

これがバックパック付けると案外普通なんだけどなー!^^;
おもりしろいもんです。

4月 30, 2015
tronmc

フトモモまぁるい RG ダブルオーライザー

RIMG0836

あれから一年…。
結局エクシアに手を付けずに00Rが出てしまった!
あの青の色分けは何だったのだ!どうすればよいのか!とウダウダしているうちにこれである。

2015-04-28 14.04.46

ランナーわらわら。青が単色しかないぜ!
もうRGは変態的な色分けはしないのかな?

RIMG0833RIMG0834

とりあえず足と、上半身の骨だけ。ムッチムチ!!

モモ装甲の上部やヒザが丸みを帯びているのが新鮮。ものすごく新鮮!
折り目で曲がるデカール貼れないよ!

逆に、スネからくるぶしはこれまでより角ばった印象に。
また、フレームの都合かもしれないけれど、くるぶしが一周ぐるりと一段高くなっているのが大きな違い。ここは違和感というか、なかなか見慣れないというか。

過去記事でMGやMBの写真があるので比較にご覧ください。

RIMG0835

色分けについてはもうよくわからない…w
モモ後ろ装甲、スネ(前側)、くるぶし後ろ側がライトグレー、その他は白。
エクシアもそうだけど、これはどういう意図のカラーリングなんだろう?
また悩んで塗装前で止まりそうな雰囲気が…!?

3月 8, 2015
tronmc

HG Gセルフ 宇宙用パック作っておしまい

RIMG0828

本体は軽く緑のパステル擦り付けたり、リアルタッチマーカーを使ったりしてウェザリング。

RIMG0812

そして、宇宙用バックパックも作って終了!

RIMG0810RIMG0805

でっかい方のスラスターを接続するボール、動かしてたらねじ切れちゃったよ!
手元にあったボールジョイントがだいたいサイズ合ったので置き換え。
と言っても、少しゆるかったので、マニキュア塗って微調整だけれど。

RIMG0807RIMG0808

穴開けて入れただけなんだけれど、軸を引き出すことで、可動範囲が広がるぞ!
気休め程度に!

RIMG0824RIMG0820

ほらほら。(本当に気休めだ…)
劇中ではめっちゃ外に開いてることも少なくないけれど、そこまではさすがに。
グリグリ動いたらおもしろそうだなぁ。

2014-10-05 22.07.542015-03-08 18.11.25

なんだかんだで2ヶ月くらいこれで潰してしまった!
塗装とか合わせ目クラックとかしょっぱい感じで、寒い中でおざなりになっちゃったのは反省。
けれど、とても動くようになってポーズもつけやすくなったので、その点では大満足。
パーフェクトパックがあるならまた作りたいなぁ。

2015-03-08 17.49.42

下のデカい方も追々…(やらないフラグ)

2月 17, 2015
tronmc

HG Gセルフ…失敗!

RIMG0800RIMG0802

HG Gセルフは本体の基本塗装が終わりつつあり。
オプション類もできたらウェザリングをしようかと思っております。
単体だと頼りない印象だけれど、バックパックをつけてスタンドに浮かせるとそんなに悪くなく見えるから不思議。

RIMG0804

そして今回の失敗。
苦労して消した頭の合わせ目がスミ入れでパックリ。
あとは額の曲線の塗り分けも甘い!
青を塗ってからマスキングテープを貼りつけ、ラインに合わせてカッターで余分なところを切ってから白を塗ったのだけれど、うまく切れてなかったということだすなこれは(´・ω・`)
塗り(吹き)方が厚ぼったかった、というのもあるのかも。

残りはライフル、シールド、宇宙用バックパック。
ちょっと上の件でモチベ下がり気味で、なかなか進まない…

pso20140805_000210_000pso20150214_144752_000

…PSO2やってばっかりっていうのもあるけれども。

1月 14, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(2)

2015-01-13 15.08.38

AmazonでアルフのDVDが800円ちょいで、ポチらずにはいられず。
配送が別だったので写真にないけれど、1stシーズンのセット1,2がそれぞれそんな値段で、2つポチポチ。
TV版は久しぶりに見たけれど、あの動きとしゃべりはいつ見てもいいもんです。

RIMG0794

さて、Gセルフ。ヒザは前回で決めた通り一段ズラして伸ばすように進めております。

 

RIMG0796

関節側は、後ハメできるように適当にピンを削って、要らないところは切り離し、コトブキヤのUバーニア(角だったかな?)を貼り付け。
プラ板で囲ったりしなきゃかなー、と思ったけれど、仮合わせをしているうちに、あんまりこだわらなくてもいいと判断。

RIMG0795

足パーツの後ろ側は、フタと接着しろを兼ねて適当にプラ版を積み重ね。

RIMG0797RIMG0798

適当感溢れる加工だけれど、だいぶ隠れてそれなりに見える!
むしろ、たぶん元のより見栄えいいぞ(ホントか?)

ということで、ヒザの可動範囲拡大の取り組みはおしまい。
しかし、合わせ目消し中心にまだまだやることがいっぱい。

・頭→ツノを尖らせる(どの面を攻めりゃいいんだ?)
・胸→側面の合わせ目を消すために違うところで分割
・胴体→合わせ目消し
・足→くるぶしの可動範囲拡大、合わせ目消し
・腰→フロントアーマー可動化の続き
・肩→合わせ目消し(というか側面中央のダクトの隙間をどうにかする)
・足側面の別パーツ→合わせ目消しして後ハメ分割

本体だけでこれよ!しばらくかかりそうだなぁ。

 

 

1月 1, 2015
tronmc

HG Gセルフ ヒザ可動範囲の拡大(1)

ここはまだ要検討レベル。

RIMG0765RIMG0766

ふくらはぎの装甲がネック。関節自体は二軸でめちゃくちゃ曲がる。

RIMG0767RIMG0768

なお、ふとももは全く外装の影響なし。

RIMG0780RIMG0771

こっちはティテールもあるので、肘なんかとは比べ物にならないほど切る削るが難儀なので、同じく関節の位置ズラしで逃げようかと。
通常、このように接続されているものを…

RIMG0770

こうズラす。
前側上下2本、後ろ側1本で接続されているピンを、前側の上にのみ接続。

RIMG0772

ハイ、バッチリ曲がります!

RIMG0776RIMG0773

が、もちろん見た目の影響もだいぶデカい。
最低限、露出するピンのあたりを加工して誤魔化さないと。
ここらへんはけっこうデザイン的にうまいことなってると思ってた部分なので、それを乱す罪悪感も多少。

RIMG0780

でもこんだけ曲げられるんだったらやるしかないじゃない!

2014-10-05 22.07.33

なにせ元々がこれだかんな!
やりたくなくても、やる!(次回予告風)

ページ:«123456789...129»

Recent Tweet

category