1月 25, 2016
tronmc

HGCC ∀ガンダムの後ハメ加工

20160120_010845

先月、ターンエーガンダムシンに興味を持ってプレバンを覗いたところ、つい数日前に2次の受付が終わったばかりで大層ヘコんだのでありますが、すぐに3次がはじまり、テンあげで立ち直ることができたおかげで、今日の僕があります。

ということで届いたのですが、後ハメの確認も兼ねてまずはおひげちんの方をやってみるのが味わい深いのではないかと思い、手を付け始めた次第。

RIMG0007 (2)RIMG0006 (2)

肘関節と前腕。
肘関節側のピン切るだけ。差し込んで下側で接着します。
グラつくということはないようだけど、一応真鍮線を入れてガイドに。真鍮線分、接着しろを稼げるかもしれない(誤差でしょう…)。

RIMG0985

真鍮線は、手首関節のポリキャップが入るピンを低めに切って、ピンバイスで穴開けて通しただけ。
2本くらいやろうかと思ったけど、意外と一本の方が安定したのであった。

RIMG0979

スネ。
スラスターベーン側のピンを短くし、本体は茶色いとこ切除でダボ穴をC字に。
写真右手の方向から、ダボ穴上にあるラインをガイドに沿ってスラスターベーンを差し込んでいくと、難なく位置が決まる。

RIMG0008 (2)RIMG0009 (2)

頭。
首のボールの受け穴含め、下側をゴリゴリ広げて、目・口のパーツを入れられるように。
若干不安だけど受け穴は再接着で再利用の方向。接着だけで弱かったら詰め物でもしてやればいいだろう、きっと。

20160120_011349

おヒゲさんの方はいいけど、シンさんの頭はちょっと合わせ目消すの怖いカモ(-_-;)

1月 25, 2016
tronmc

Mr.ドブカラー2016

RIMG0010

ついにク●オスからドブ塗装用の塗料が登場!…ということではございませんごめんなさい。

余った塗料等をデタラメに混色していくと隠蔽力の高い謎の色が出来上がるということを以前どこかで目にし、実践しております。
その場で調色した等々の理由でビンに戻せない塗料などを、ひたすら同じ空きビンに入れていくこと……何年だろう?正確にはわからないけど、2,3年くらいはやってるのかなぁ。

RIMG0011

実はかきまぜて見るとそれはそれで違う色なんだけど、いっつも塗料を入れるときにやたらくすんでる黒ずんでるけど黒じゃない、根性腐ったような色をしているので「ドブカラー」などと勝手に呼んでいるのです。

で、なんとなく現時点での成果を確認してみようという気分に。

RIMG0980

エアブラシからの塗料の出具合を確認するため、塗装ブースの前に置いているダンボール。
今回もいろんな色が乗っかってますねー。これに、ドブ汁ブッシャァァー!

RIMG0981

おお!隠蔽できてるようなできてないような!

弱くはないけど、強くもない…とくに黒い下地にはまだまだ影響されてしまう模様。おおん…これではなんかネタ感に乏しいぞ!

ということで、まだまだ使い物にならないかもしれません。

…何に使うんだ?
………戦車とか?

1月 16, 2016
tronmc

RE GP-04 ガーベラを仮組み

20160110_005631

ディジェでだいぶ好感触だったREシリーズ。
次はガーベラを、塗装に移れるように表面処理をしながら仮組み。

やはり足首のロールが無かったり割り切ったところもあるけど、無くても破綻があるわけでもなし。むしろ安定していて質実剛健。だからプロペラントタンクの寂しさも……致し方あるまい…。

20160107_204744

ホント組み立てやすかったです。特筆すべきはゲートへの配慮。

キャビゲートだかくさびゲートだか忘れましたが、切り離し跡がかなり小さくなるゲートが目立ちにくい位置に配置されている部分が多くて楽でした。ヘタすりゃ爪でこすってゲート処理終わるんじゃない、というレベルのものも。HGとは雲泥の差です。

アンダーゲートも、今まであまり好きではなかったけれど、このキットに関しては大正解。
ディジェのときは、局面部分についていることが多く、切り出しも処理もめちゃくちゃ面倒だったので「そんなにメッキ版を出したいかバカヤロー!」みたいな愚痴を垂れましたが、こちらは直線部分についているので楽ちん&キレイ。
余計にディテールも潰さずに済みました。

20160109_161126

そして、今回アンダーゲートで一番感動したのがここ!
マルイチって普通側面にゲートついてるから、メンドクサくていつもテンション下がるんだよなぁ。そして後回しにしたりして。
でも、これならいくらあってもOK!どんとこいマルイチ!
もうビルダーズパーツでアンダーゲートのマルイチセットとかください。

今回もとても満足感の高いキットでした。
もうみんなREでいいよ(暴論)

1月 14, 2016
tronmc

[PSO2es]待望のエルダーリベリオン

先月の放送局から首をながーくして待っておりました。
エルダーリベリオンがesにもやってきたーーーーー!
☆10のチップが入手できたので早速使ってみました。

●まさかのSロール実装

Screenshot_2016-01-13-21-14-32

でもって、なぜかSロール付き!これは予想外。
わかりにくいでしょうが、SSでは後ろロールしてます。
ギ・メギドでなぜかチャージがついたのと同じようなもんかな?

Screenshot_2016-01-13-21-20-43Screenshot_2016-01-13-21-20-05

横ロールのSSはめちゃくちゃ撮りにくい…。
4発目あたり(?)から、スライド操作で攻撃をキャンセルし、Sロールを発動します。
横スライドで通常Sロール。ただし、昨年秋の調整前の遅いSロールです。いや、もっと遅いかも。
まだあまり使い込めていないので、無敵時間の感覚はよく掴めてませんが、ロール中射撃があるので、本編と同じく射撃で無敵時間が切れるなら、あんまり頼りにはならなそう。
ホントに緊急回避という感じでしょう。
後ろスライドだと、本編でのSロール3段目(スローでの回避)になります。

※1/14追記
前スライドでダイブロールも可能でした。
当然JAリングは出ませんが、回避としては初動も早く安定しています。

 

●短所・運用上の注意

Sロール可能になるのがたぶん4発目からだと思うのですが、それがなかなかクセもの。
発動後すぐエル・アーダに振りかぶられでもしたものなら、まず確実に殴られます。

本編で使っていれば説明不要でしょうが、全体のモーションは長め。
ラストネメシスだのヴィントジーカーほどではないにせよ、差し込みどころには気を使う必要アリ。

また、ヒット数も多いため、ダメージ表記で相手が見えなくなりやすく、地上発動なので、攻撃中前進し、相手との距離も詰まります。
攻撃力の高い相手との交戦では、十分注意したいところ。

Screenshot_2016-01-13-18-10-38

ちょうどノーヴ・リンガダールの緊急が始まりますが、適当にぶっぱしてると轢き殺されます……。

 

●短所を補って余りある長所

Screenshot_2016-01-13-21-20-50

威力については申し分ないです。
何より、ド接近しなくても戦えることが素晴らしい。
ようやくエレヌトレーマーのテク運用じゃなくても、マトモにTMGを使うことができます。

TMGは通常攻撃のヒット数も多く、射程も長めなので、CP回収効率が良く、状態異常付与にはうってつけの武器です。
ウェポノイドのヤミガラスには最適なので、今後またスクラッチに封入されればTMGの価値も高まると思います。

なお、ライフルとワンポでいいじゃん、という話に対しては、こっちの方が新しい分めっさ威力ありますよ、ってのがセールスポイントでしょうか。

 

●緊急超級で使ってみました(※1/15追記)

Screenshot_2016-01-14-23-35-52

なにこれつよい。

ヤミガラスとの相性がバツグンです。
というか、未知リンガにはTMGですらなかなか状態異常が付きづらいので、ヤミガラスでこれかライフル以外は実用に足りるとは思えず。
セラフィをスクナヒメにしたら効率が上がるだろうか…?
フレサイコですが、ヤミガラスと☆10エルダーで属性がカブっているので、エルダーが別属性だともう少しダメージが伸びるのかな?
なお、Sロール中の射撃でも状態異常の付与が可能でした。

ヤミガラスなしで普通に使う分にも、クライゼン以上の効率は出せると思います。

上級以上のリンガは轢き殺しが危険ですが、Sロールは前兆の動作をした時点で始めないとタイミングが危ないようです。
ただ、Sロール後着地のJAですぐ攻撃に移れるので、かえってイライラせずに済みますし、即座にJAのPA出して継戦していけるのはかなり楽しいです。

1月 7, 2016
tronmc

[PSO2es]改善要望を考えてみた

Screenshot_2016-01-06-21-10-47

新春クエスト2016・後編が始まりましたが、超級の敵が随分柔らかくなっていて、前編より緊張感が無くなっておりました。
前編では1PAではフィニッシュできず、なおかつ被弾即死の可能性が非常に高かったのでボンヤリしていられない感じでしたが、今回はクライゼン一発で終わるので、半分寝ててもできそうです。

 

さて、公式にプレイヤーアンケートが来ていましたので、改めて改善を要望したいことを考えてみました。

Continue reading »

1月 4, 2016
tronmc

[PSO2es]新春クエスト2016前編・ニョイボウかセラフィか?

新年早々本家は緊急オンラインで、スタミナ見てはesってばかりおります。

Screenshot_2016-01-04-21-07-25

新春クエスト2016・前編が開催中。
2キャラで回してだいたい一日1枚ペースでニョイボウ1枚ゲット中(つまるところ金の祓矢20本)。
金の祓矢20本でセラフィ[エクセレント]ももらえるわけだけれど、どちらにするかは悩ましいところ。

ニョイボウはウェポノイド大勢の枠と効果がカブる系統で、うちは2キャラともテンイ/ミズーリがあるのでコストと属性くらいしか利点がないことに。
なんでアビリティレベル3にしてから気づいたし…。

対してセラフィ[エクセレント]。
こちらもアビリティレベルが高くないと発動率が低くて役に立たないのだけれど、追撃チップなので競合が少なく、上げさえすれば☆12チップがあっても戦力に。
ちょうどカトリ[ホワイトクリスマス]持ってない方に過去の分があるから、この際上げようかな?

Screenshot_2016-01-04-21-07-15

もっとも、新年スクラッチでこれがそこそこ出ており、これでよくね?というのも事実。
緊急には十分な60秒持続で、今のところあまり有用なアクティブチップも他にないので、開幕でPA連打でもしない限りはアクティブなのも気にならない。
属性を考えると考えるとどちらも合ったほうがいいっちゃいいんだけど、こうして冷静に考えるとモチベが上がらないねぇなぁ…。

関係ないけどセラフィ[ニューイヤー]のイラストは良いですな。
水野画を除いても、PSO2アートワークチーム名義のチップイラストはよくも悪くも絵柄的にはっちゃけたものが多かっただけに、セラフィさんが普通に可愛らしく見える質実剛健さは評価に値します!

Screenshot_2016-01-04-14-37-41

金の祓矢は超級の方が安定するようだけど、激化チップ(雷のナックル)も相当出やすいようで、ゴリゴリアビリティレベルが上昇します。
超級は消費が32で重いので、2枚共激化が出たりすると相当ガッカリします。
せめて数種類仕込んでもらえればよかったのですが。こりゃ余るぞ…。

12月 14, 2015
tronmc

シュタゲゼロ&カオチャ小説 同時に来るとは…

20151214_001221

嬉しい悲鳴と言いましょうか。
シュタゲゼロ(ゲーム)と、カオチャ小説がよりにもよって同日発売日(10日)でございまして。
どうせどちらもすぐには終わらせられないので、同日だろうが数日ズレてようがあんまり関係なく(事実書籍は地方なので一日遅れ)、同じようなタイミングで出ることが恨めしい……!

とりあえずはシュタゲが優先。
発売延期は残念に思ったので、アニメの改変で遅らせたってのがガチな理由ならちょっと微妙な気持ちだけれど、良くも悪くもそれで気分は盛り上がって、プレイするモチベは上がったので、よし。

無印シュタゲは、ゲームにせよアニメにせよ、前半(ラウンダーが来る以前)が少々退屈気味というか、緊張感がなくヌルく感じていたけれど、ゼロは序盤からなかなかの緊張感で、本当に楽しい。
四六時中シリアスでもないけれど、ゆるい場面ばかりにはならず、要所要所引き締めてくる。
そこらへんカオチャと同じで、始終楽しい。
待った甲斐があったぜホントに。

 

Screenshot_2015-12-11-22-00-29

PSO2は、最近はesで緊急が来るとそっちばかりやるようになっているので、Vitaが塞がってもそこまで変わらない…かと思ったけど、なんだか本家の予告緊急行くのも億劫になってきた。
インヴェなんて使う気がしないし、かといってオフスも焦って取るほどでもない。なにより双子も深遠も弱いしロックオン突進ゲーなのでおもしろくない。
メリクリ4はネロウ、アーレス石の狩場で、欲しい13もないどころか、欲しい12もない。
強いて言えばアーロが欲しいのでエルサーだけど、このクエでロクなレアが出たことない、というか単品版の緊急の方がロクなものくれることが多い。
防衛もあんまり好きじゃないし、新しいのでまた石増えるなんて…。

もっとも、なんとなく飽きてきたとか言いながらだらだら続けるのは大得意なので、今後もgdgdやるだろうなぁ。
でも、もうすぐマガツもDFも深遠なる闇も超えるEP3最大の敵、SecureOTPが倒されるそうなので、それだけは楽しみです()。
あ、メセタが100Mあったらやる気出ると思います。

Screenshot_2015-12-10-23-48-37Screenshot_2015-12-02-16-06-32

やる時間減ってるのはモバマスだったり。
esがずるとらを占領してるからか。
特訓後であのシリーズの水着を着せてしまうのは嫌だけれど元気な子供はやはり良いと思ったり、このゲーム最高の至福である1年目のメモリアルプロデュースの再登場にすっかり出遅れて、やれるときには終わる寸前で失意の底に沈んだり。
なんだかんだでクリックゲーは暇潰しには良いので、今後もぼちぼち続けていそう。

12月 7, 2015
tronmc

100均ナイフがダンモになると聞いて買ってきた

20151117_175418

ダイソーでこんなものを買ってきた。
特殊刃・精密ナイフのタイプC。平べったいノミみたいな刃。
なんだか忘れたけど、なんかの本で、これの中央にプラ板なりなんなりをはっつけて、端何ミリだけを露出させた状態にすることで、段落ちモールドを掘る工具として…いわゆるBMCダンモ的に使えるんだそうな。なるほどなるほど。

RIMG0991

BMCダンモは、正直出番は少ないんだけど、合わせ目を段落ちに…というときに確実に使っております。ホントいい。とってもいい。
REのディジェでも、太ももの合わせ目でお世話になりました。
自分が持っているのは1mm/1.5mmのモデルで、このディジェの段落ちは1mm幅。このモデルだとガンプラだと1/100がちょうど良く、1/144などに使うには、もう一回り下の0.5mm/0.8mmのサイズのモデルが良さそう。

ガンプラでは合わせ目処理の必要性は1/144の方が高いから、どちらかと言えばそっちを持っておくべきだったか…?

というのはともかく、任意の幅でやるならば、最初のダイソー刃も出番があるのかも。
ただ、価格差にして41倍なので、そっち一本でぜんぜんイケる!!なんてことになっても、ダンモ買っちゃった身としては悲しいw
もっとも、BMCタガネで段落ちを作るというテク(→合わせ目にご使用する場合 2)も紹介されているので、BMCタガネの装備が整っているなら、そっちの方がいいのかも。

うちは整っておりませんので、もしお年玉がもらえるなら、BMCタガネお試しセットをポチらせていただきたいところ。
BMCタガネもダンモも一通り揃えられたら便利だろうなぁ。アコガレル!

12月 1, 2015
tronmc

プレバンガンプラ初購入:MG アルトロンガンダムEW

20151121_150620

少し前ですが、初めてプレバンでガンプラを購入しました。
魂ウェブ商店でフィギュアーツやロボット魂を買ったことはあるのだけれど、ホビーオンラインショップは初めて。
流用のものが多くて割高感はあるとはいえ、最近は無視できない存在になりつつあるような気がします(諦観の意味でも)。

で、アルトロンEWを買ったわけでございます。
シェンロンEWがいまいちしっくりきていなかったので、発表があったときは喜んだんだけど、プレバンと知って相当覚悟というか、悩んだなぁ、、。
だって色以外変わったの武器だけだもの。。

20151121_15085420151121_150910

箱はお店に流通するものと違って色も一色で、完成品見本の写真もなし。
どちらも意外と楽しみなところなのに!
HGシリーズはインストにそこそこ写真があるけれど、MGは少ないことが多く、箱側面の見本写真ってけっこう参考になるんだけどなぁ~。

20151121_150810

中身もこう…普通のものと違って理路整然と並べられてる感がないような。
ちょっと隙間も多くて、ガンプラらしくないかも。
他のメーカーだとこういうのが多いようだけど。

20151121_150827

デカールが最初から水転写のやつなのはウレシイ!!
ガンダムデカール売ってくれないなら、みんなこうしてくれればいいのになぁ。
…しかしこの漢字(?)の「哪吒」、ちょっと似合わないような。

20151121_15102320151121_151108

インストでやっと表紙の箱絵のカラー版を拝める!
裏は水転写が付属するからか、ガンダムデカールのパッケージで見たような貼り方解説も。
やっぱりというかなんというか、インスト内に機体解説とかはないのね…(涙)。

うーん、なるほどプレバンとはこういうものか。
オマケ的要素を廃した最低限の体裁でも、キット化されるだけありがたい一方、好きな機体であればあるほど、ドキュメントがないのは寂しくなってしまいそう。

ガンダムWのMGも順調に増殖して参りました。クソ寒くてホント手が進まないけれど、少しずつがんばろう…

11月 3, 2015
tronmc

スジ彫りノギスを買ってみた

ガイアノーツのNAZCAシリーズの「スジ彫りノギス」を購入しました。

RIMG0006 RIMG0007

個人的には、これ良いなぁ、と思ってて、発売の際はお世話になってる模型屋さんにお願いしようと思ってたけど…意外にも販売はガイアノーツのオンラインショップだけ。
そこまで需要ないのかしら。きっと、これがなくてもできてる人が多いんだろうなぁ。
既存のノギスの片側研ぐってのも、精度を考えるといまいち自分ではできる気がしなかったもので…。

RIMG0010 RIMG0008

しかしながら、何かにそっくりです。うちにあった気がします。
そう、タミヤの精密ノギス!ケースまで同様!

RIMG0011 RIMG0013

もちろん印字部分以外の違いは、ジョウの形状。
左がスジ彫りノギス、右がタミヤ精密ノギス。
スジ彫りノギスの方は片側が少し奥まっていて、鋭利に。

RIMG0012 RIMG0014

ちょっと開くと、それぞれこんな感じ。

RIMG0015

色付きのプラ板がなかったので、サフを吹いたプラ板をけがいてみました。
3回ほど引いてこのくらい。このあとBMCタガネのZEROから始めるといい感じでした。
あくまでスジ彫りのスタートに使うものだと思うので、申し分ないと思います。

3,800円と、それなりにお値段もすることだし、あとは長持ちすることを祈るばかり…!

ページ:«1234567...129»

Recent Tweet

category