7月 6, 2016
tronmc

[PSO2]ガンナーQ&A (2) クラススキルは?サブクラスは?

・クラススキルはどうすればいいの?

これを基本に、余りのポイントは自分の感覚に合わせて、ショウタイムやチェイントリガー等を中心に割り振っていくのがいいと思う!
Continue reading »

7月 6, 2016
tronmc

2分で作るガンダム名鑑ガム

20160702_211227

ガンダム名鑑ガムがあと2個ほしいよ!
お菓子売り場で!…っていうことですが近所ではなかなか売っておりません。一箇所見つけたところで4個買ってきたんだけれど、6個で懸賞に応募できるみたいで…。

ていうか種類多い(色違い抜きでも16種類とかもうね!)し、普段手に取れなさそうなものが多いので、懸賞抜きにしても普通にほしいです。
ゲゼ、ナイチンゲール、シャンブロ、ラー・カイラム、レウルーラ…
大人買いするべきなんだろうか。。

20160703_185705

一気に組んでしまうのもナンセンスなので、箸休め的に。

ニッパーで切り出しただけのネオ・ジオングにエアブラシでブラッドレッドをブシャー。
透けは気にせずサフレスにしたのですが、かえってスペシャルなガチャフィギュアでも引いたような趣に!

サイズ的に300円~500円の高価格帯のガチャポンで当たりを引いたような気分。
クリアとかダイキャストののガン消し、ワクワクしたなぁ。

シナンジュくらいは別の赤重ねようと思います…

20160703_185130

他方、サフを吹いたのはアクシズ。
クリアだと表面の感じがわかりにくいのです。
なんとなくプラギョーザを思い出す表面のウネウネ。
あんまりメリハリがないのはいたしかないところ。

これもまぁ適当に…何色塗ればいいのかな(
追々考えよう…。

7月 1, 2016
tronmc

ガンダム(胴なし)、大地に立つ

20160613_214740t

「RX-78-2 ガンダム<<最小構成>>」という名称を心に持って作ってきましたが、もちろんそんな抽象的な名前では何も伝わらない!
胴体がない、頭から手足の出たガンダム…つまるところ、リアル風味の超Cガンダムです。

20160613_21481420160613_214757

Google+の「プラモ部」コミュ主催の「変メカ祭り」というイベントにあわせて作りました。
ベースは1/48 オリジン版ガンダムヘッドモデル(ガンダムエース付録)と、BB戦士のガンダム(お台場ガンダムの頃に発売された「アニメカラー」のもの)。

 

20160611_173200

ウェザリング前はこんな感じでした。
試行錯誤した割には、面白いポーズはこんなくらいしか取れないのが一番の反省点()。
とくに足の太さには最初から最後まで悩むことに。
中を補強しつつ、3mm穴を開けたはいいものの、こうやって目一杯開脚してスタンド使うのが精一杯なのも、足が太くてひっかかるからなのです。

1466188568418

BB戦士の足関節を、ヘッドモデルの空きスペースに入れただけでは、このように窮屈で、こうして足を揃えていないとロクに立てませんでした。

しかも、この状態で足裏は一部しか接地していません。
割りきった作りがおもしろいところなのですが、今回使ったBB戦士はつま先だけ可動し、かかとは足と一体になっている作りなので、足に角度がつくと、どうしてもかかとが浮いてしまうのです。

RIMG1018

さすがに不安定なので、クツの部分はまるごと別パーツに。
つま先はそのまま流用し、かかとは適当に可動軸を作れそうなジャンクパーツを使用(たぶん非HGの1/144アストレイ)。
軸やBB戦士側の受けはコトブキヤのMSGシリーズの関節を適当に。

20160531_183412

また、足自体も付け根に一段小さなブロック(イメージとしては太ももパーツ)をはさんで、外側に開きやすいようにしました。
もしEXスタンダードがあったなら、足の問題は解決していたのだろうか…?

腕は関節隠しを作ったのと、余りのPC-001の5番を埋め込んで、ビルダーズパーツHDの手首を付けられるようにしたくらい。
武器持ち手を付けることもできるといえばできるのですが、構えることができません。

なぜなら…

RIMG1016RIMG1014

肩は磁石の一点接続だからです…。
本体側には、ダイソーやセリア等の100均で売っている大きめのネオジム磁石を使用。
肩には、装甲の下端にハイキューパーツさんの小さい角形のものを埋め込んでいます。

写真にはないですが、後方の軸受けの上にも仕込んであり、これにより接続位置自体を変えてしまうことが!…というのがやりたかったんだ……。
その代わり、腕そのものの重心に頼った取り付けしかできないので、自由な表情付けはできなくなってしまった、と。

1466188554580

途中、いろんな箇所の切った貼ったの連続で、どう作るかのイメージがぼやけそうだったときがあり、こんなイメージ図を描いたりもしつつ取り組みました。
いやぁ…これ足小さいよアンタ。

RIMG1027

なお、底や足首には適当にジャンクパーツを詰めておきました。

20160613_224340

そういえば、最終的に頭にも磁石を組み込んでおきました。
…といっても、現時点では何かくっつくものを作る予定はないのですが、顔が胴体ということは、この上に頭がつくんだね、というコメントを頂き、そういうのもありかな、と思ってやっておきましたw
どっかにガンダムのキットの頭落ちてないかなぁ!

普段やらないような切った張ったをやりましたが、なかなか楽しく制作できました。
ヘッドディスプレイがあったら、他のMSでもやりたいなぁ。超CガンダムオマージュとしてはF91の頭が欲しいところです()。

7月 1, 2016
tronmc

PLAMAXチェインバーがキタ!

うーん、注文したのいつだったっけ…というPLAMAXのチェインバーがようやくやってきました。

改めて履歴を見たら、注文したのは去年の9月。そろそろ10ヶ月になろうというところじゃないか!
けっこう延期した記憶があるのですが、もう発売日のチェックすらしなくなってました。

20160630_14341120160630_143350

箱はマットめな感じで、最近のfigmaパッケージとかを連想する感じ。
すごく豪華!という感じではないけれど、きれいだし捨てたくない箱です。
箱側面はギミック解説等の文章類はなし。

20160630_143404

素材はPSとPE。ABSはないよ!やったね!

20160630_143440

開封。てんこ盛りというわけではないけれど、重量なりの分量は感じられる数が入ってます。
ランナーは21枚くらいかな?

20160630_143556

台座。支柱はfigmaと同じかな。

20160630_14364420160630_143653

デカールもそこそこの枚数ですが、地獄というほどでもなく。
修正分(?)もついていました。

20160630_143715

説明書。表紙はもちろん…

20160630_14375620160630_143727

中もカラーだ!
見やすいですし、しっかりチェインバーの色合いにあった感じのデザインなのがポイント高い。

20160630_143812

デカール指示は完成写真。
うーん、普通は平たい絵の方が見やすいと思うのだけれど、曲線あって線も多い機体なのでかえって混乱することになるのかな。

20160630_143824

パケに書いてあってほしそうな解説は説明書裏に。

20160630_14441020160630_144517

開けていないのでなんですが、黒に階調とかなければ成型色は6色。
クリアパーツも2色です。

20160630_145004

頭のパーツとサイズを比べるとこのくらい。
1/48ですが、ガンプラでいえばMGくらいのサイズ感におさまりそうです。

20160630_14333020160630_143846

初回なのかどうなのかわかりませんが、ブックレットが同梱されていました。
オマケかとおもいきや、41ページも!

20160630_144126

デザインや、キット開発についてはもちろん…

20160630_14410920160630_144150

武器やカラバリの資料もある上に…

20160630_144207

運用に関する資料ということで、ヒディアーズに関する情報まで!
ちょっとした資料集レベルで、かなり濃い内容です。これだけでもかなり価値があるような…。

20160630_14393220160630_143856

ただ、このブックレット…傷だらけでした。
ビニール袋に圧着で封をされて同梱されていたので、梱包の前段階での扱いがヒドイものだったのでしょう。中国産ですし、キットなら「ああ…」と思うところなのですが、印刷物の状態が悪いというのは…。
ここだけは本当に残念でがっかり。

ここ以外については、気合を入れて作っているんだな、という感じがする商品でした。
他にやっているものもあるし例によって積みますが、まずは無事発売れたことを喜びたいところです(^_^;)

5月 15, 2016
tronmc

ビークルモデル スター・デストロイヤー

20160428_180951

ちっちゃいスターデストロイヤーのプラモが出ていたので、購入してみました。
お値段600円!最近のプラモにしてはエラくお手頃。
そういえばヤマトも小さいのあるけど、そこからの流れなのかな?
マクロスのやつもきっとお仲間なんだろう…。

20160428_181020

説明書は…箱!
説明書、兼、箱!
食玩でよく見る光景。

20160428_18103520160428_181029

部品注文カードやカラーガイドも一応あるぞ。

20160428_181105

同時発売のXウイングファイターも買ってはみているのだけれど…

20160428_18113820160428_181119

こっちはテトロンシールがついてて、貼り付け指示もパッケージに。
スターデストロイヤーはなんにもないよ。

20160428_182139

パーツはこれだけ。
これだけだけど、とにかくディテールが細かくて細かくてビビる。
感嘆とかその前に、ビビる。
もっとも、そこまでゲートが気になるような作りでもないので、サクッと切り離してちょこっとナイフで削いで組んでしまえば、けっこう良い感じ。
こだわってゲート処理…とかは労力に見合わなすぎる模様。

20160429_02312820160429_161514

このスマホカメラで撮りきれない情報量!()

エアブラシで単色ベタ吹きした後、Mr.ウェザリングカラーのマルチブラックをベシャベシャと付け、うすめ液で伸ばしただけでこれ。
パーツの隙間が目立つけれど、そこまで気にするほどでもないだろうか。

しかし、こんな中途半端な色でベタ吹きだったらエアブラシ塗装いらなくね…と思ってしまった。
なんだろう、それくらい「お手軽」で楽しむのがいいキットのような気がするのです。

せっかく難しい塗り分けとかも(塗装指示的には)無いわけだし。

もちろん、もっともっとウェザリングすれば、やった分だけ返してくれそうなディテール量ではあるけれど、これはこれでいいや!

5月 15, 2016
tronmc

フォースの覚醒で、はじめてのMovieNEX

20160513_152933

最近のDVD(この表現がもう古いかも?)は出るの早いなー…なんて事あるごとに言っているような。
確か3月までやっていたんだっけか。
フォースの覚醒で、初めてのでずにーのソフトです。

んで、「MovieNEX」という名前で売られていて、これはなんぞやと。
デジタル配信そのものを指すのかな、なんてぼんやりと思っていたんだけれど、ディスク版(DVD+Blu-ray)とデジタル配信を1パッケージとして売る形態のことを、でずにーではそう定義しているそうな。
近頃の電化製品みたいな、なんと割りきった合理性!
DVDだけ、Blu-rayだけあればいいんだから安くしろ!という方もいそうですが、むしろそっちの方がリスクが高いんでしょうね。

Screenshot_2016-05-03-01-54-10

で、そのMovieNEX版のデジタル配信ですが、なにやらややこしい感じで…。
なんと、字幕版はストリーミング配信のみ
ていうか基本ストリーミング配信
そりゃあ各々ストレージの事情があるでしょうから「スマホの空き容量なくて見れねーよ!」みたいな罵倒を受けずに済む反面、安定して大容量を扱えるネット環境がないと視聴が厳しいのです。
(どちらかと言えば後者の方が解決しやすい問題とは思うけれど…)

また、配信を見るだけでも登録やら配信サイト周りで操作や縛りがゴチャゴチャと多く…

・そもそも動画配信サイトのアカウントが必要だよ。

・さらに「ディズニーアカウント」を取らないとコード入力できないよ。

・ダウンロードでの視聴はGoogle Playでしかできないよ。

・でもGoogle Playでは吹き替え版しか見られないよ。

・ストリーミングで見たければ、bonoboかniconicoを使ってね。

・でもGoogle Playでコード入力したらniconicoには登録できないよ。

こんな条件があって、なかなかめんどくさいことに。
しょうがなくディズニーアカウントを取った後上記の画面写真の表を見た時はかなりテンションが下がりました。
Androidを使っていることだし、唯一DLができるということでGoogle Playをまず選び、さらに新しくアカウントを取ってbonoboにも視聴登録。。

まぁ一度取ってしまえば、またディズニー映画のパッケージを買うときには苦労しなくて済むということで…。
もちろん今までディズニーパッケージ童貞だったわけだし、今後もスターウォーズだけだと思うけれど、あと2作+スピンオフもあるだろうから、無駄な努力ではなかったはず。

もっとも、そのときには新しく作ったアカウントのパスワードを忘れている気がするけれども。。

4月 24, 2016
tronmc

HGBFターンエーガンダムシン→ターンエーライザー

20160412_165301

おヒゲもひとまず一段落です。

20160412_162635

ターンエーガンダムシンですが、オーライザーの在庫()があったのを思い出して、イメージングビルダーズの作例を真似てターンエーライザーにしちゃいました。
ついでにダブルオーガンダムのGNドライブをアームを移植したりすれば「0∀0」っていう名前になっておもしろいんじゃ、とか考えたりもしましたが、大変なことになりそうなので撤回。

20160412_16364720160412_163715

オーライザーは、基本的に上記の作例にならって「白と青が逆転」するように塗りました。
(→作例制作のフクダカズヤ氏のツイートで触れられています)
とはいえ、こちらはターンエーシン本体をマニュアルに近い緑っぽい青で塗っており、なんとなくリゼル感が……
オーライザー中央の目立つところを黄色にして、本体の胸部との共通性を主張してみました(-_-;)

RIMG1009

これもまたフクダカズヤ氏のツイートにあるのですが、無改造でつけられますが、隙間は目立ちます。
こちらは作例のように立派なジョイント部加工をすることもなく、ただジョイントを削ってます(-_-;)

RIMG1010RIMG1011

オーライザー側も根元を削って無理やり短い軸をでっち上げ…

RIMG1012

ここまで密着。

20160412_16294820160412_162811

がっつり真上から覗きこまなきゃ違和感はないはず…

20160412_163208

なんとなくGセルフィッシュなポーズを取らせたくなってしました。
冒頭の画像でも3体並べましたが、「ライザー」にしたら、なんとなく∀とGセルフの間のような機体に思えてしまうから不思議なもんです。

20160412_164014

随分久しぶりに1品最後まで作りきったような気がします。
いや、実際そうか。
それはともかく、組んだだけでここまでのディテールのものができるなんて…ターンエーガンダムシン、本当に恐ろしいキットでございました。
プレバンもこういうのならば大歓迎なんだけどなぁ!

4月 4, 2016
tronmc

[デレステ]60ガチャ記録帳 3/26 ~4/2

SmartSelectImage_2016-03-26-01-01-11

シンデレラフェスに放出したので、今回でおしまいでございます。
まぁ、やめるにはいい機会だったのではないでしょうか……。

Continue reading »

4月 2, 2016
tronmc

基本無料ではたした、ウイイレデビュー

Winning Eleven 2016 myClub_20160401230328

PSO2のCBTに追加当選した際、いい機会だと思い購入したPS4。
最近稼働率が上がってきました。やっているのは、基本無料のウイイレ。
PS3でもできるじゃん、というのは言いっこなしよ。

Winning Eleven 2016 myClub_20160326181619

選手をガチャって戦う、ソシャゲな感じのシステムのウイイレ。
ユニや名称等は実在のクラブをベースにするけれど、あとは全く関係なし。選手すら引かなきゃ接点ゼロ。
その分、海外サッカー事情に疎い自分のような人でもチーム選びに悩まず気軽に始められます。

さすがにジェフ千葉はないので、レイソルベースで作っています。
でもこうやって好きに考えた名前にすると愛着が湧いてくるのが不思議なところ。
うちのチームは名誉ある世界三大カップの一つを戦うチームです!

Winning Eleven 2016 myClub_20160402003837

使える戦術、フォーメーションは監督に依存。選手もある程度監督に合う合わないがあります。
自分で自由に戦術を組み上げることはできないけれど、その分戦術の話はモグりレベルな自分でも気軽に始められます。

つい先日ベンゲルさんが来たので早速3人目の監督としてお迎え。
これまで4-3-3のカウンターでは出番の無かった、レジェンドのロベルト・バッジョ様もが活きるときが!

Winning Eleven 2016 myClub_20160401234524

実は、オンライン対戦はほとんどやっていません。
まずもって、ある程度チームが整ってからの方がいい(チームスピリット80~90)と言われていますし、これまであんまりウイイレやサッカーゲームに親しんでこなかった自分には、CPUでも十分に楽しいのです。

CPU戦をやっている限りは、恐ろしく課金の必要性を感じません。
ガチャでいい選手が欲しいと思えば、ゲーム内通貨以上に引く場合課金が必要ですが、戦力になるまでが短くないですし、使って収支が合うかも心配なところ。
選手には契約期間があって、それで定められた試合数出場すると契約更新が必要なのですが、それもゲーム内通貨で賄うことになります。ランクの高い選手ほど高額なので、じゃぶじゃぶ使うのも考えものだったり。

が、きっとオンライン対戦で上を目指そうと思えばそういうことは言ってられないでしょうから、強いチームを維持するためにゲーム内通貨をブーストする必要があり、課金が必要になる仕組みなのかな、と類推。
そうすると、やはり課金まわりに関しての評価はマッチングやイベントに依存しそうですが、ここらへんはオンライン対戦をやらないとなんとも言えないですわな。

Winning Eleven 2016 myClub_20160402003740Winning Eleven 2016 myClub_20160402003030

それでもやっぱり、フルプライスのゲームと同じ、一線級のアクションサッカーゲームができる満足感は非常に高い!グラフィックもすごいしね。
さすがにサッカーのルールは教えてくれませんが、もちろんチュートリアル的なトレーニングモードもあるし、このゲーム独自の用語に慣れれば、難しくないゲームだと思います。オヌヌメ!

個人的には、PS2のあたりから興味があったけど「楽しめるくらい腕をつけて遊べるのか?」という部分でフルプライスで買うのは躊躇われてここまで来てしまったゲームシリーズなので、無料で始められて、本当にありがたい次第。

 

Winning Eleven 2016 myClub_20160402003922Winning Eleven 2016 myClub_20160402003757

なお、うちの「ちばぎんカップ選抜」のエースはロデラン選手。
数値的には上回るポドルスキ選手も在籍していますが、使いやすいのはこちら。
体格を活かしたポストプレーができ、裏へ抜けてのシュートもできる。なおかつ、スタミナもある方なので、戦線からのプレスにも使いやすい。「スーパー巻誠一郎」みたいなお方です。
何より早い段階から加入してくれて、得点を量産してくれたので、愛着もひとしお。

「自キャラprpr」じゃないけど、やっぱりf2pのゲームは、こうやって自分の持っている手札編成に愛着が持てるかが重要ですな!

4月 1, 2016
tronmc

[デレステ]MASTERをクリアするためにやったこと

先の週末に終わったイベントの「絶対特権主張しますっ!」。
MVが見たくてMASTERに挑んだものの、若干楽曲レベル詐欺じゃないか(素人見解)という譜面にあっけなく返り討ちに。

その後もリハを続けるもできそうでできない状況が続いたのだけれど、プレイ環境等々思い切って変えてようやくクリア!
主に3つの対策を行いました。

・速度を上げる
・人差し指でプレーする
・ゼータを使う

Continue reading »

ページ:«1234567...129»

Recent Tweet

category