6月 9, 2005
tronmc

レビュー:第2次スーパーロボット大戦α

Best版になってます。

α、α外伝、第2次αがセットで第3次と同時発売!

こちらが次作、第3次

■正直、■

けっこうハマった。サターンのFシリーズ以来だと思う。
最近はもうスパロボなんてダルいだけでクソつまらねーストレスメーカーとしか思ってなかったのですが。

■やっぱり■

ハードの進歩によるところが大きいと思う今度のスパロボ。
やっと、ちゃんとしたボイスと演出のある据え置き機で、適正なゲーム制作ができるようになったのが、最大の魅力だと思う。
据え置き機ではSS、PS、DCといった機種に展開があったがどれもどれという具合だった。
SSの「?F」シリーズは、ローディングもセーブも早かったが、まぁ古い作品なので戦闘スキップとかも無し。セガが勝てていればこのシリーズもも少しマトモに展開したのかなぁ・・・なんてこんなところで思ってみたり。
現在の叩き台になったPSの「?α」シリーズは、演出面や細かいシステムは改善されたものの、いかんせんPSのハードスペックが悪く、全てにおいてもっさり。そして、とくに外伝、フリーズの嵐。
DCで出た「?α」は、どう見てもハードの使い方を間違ったとしか思えず、WinCEを使いながらも膨大な開発期間を費やし、罵倒を買うようなポリゴンモデルを用意した。DCは、ポリゴン強化機ながら、ポリゴンの描画が絡むとローディングが遅くなるクセがあるので、ロードもまたヒドいものだった。

ストレスレスという点では携帯機が上だけど、いかんせん演出などがあからさまにショボくてどうしようもない。
そんな中で今作「α2」以前に「IMPACT」という作品が出た。自分はやっていないが、どうもこれが「インパクソ」と呼ばれるほどヒドいものらしい。自分が知る限りでも、モデルはPSのαの流用、ストーリーはワンダースワンのコンパクト2三部作で激長・・・と、やりたいとは千に一つも思わないような作品である。

■見所■

また、各システム周りが洗練されたのはもちろん、今作は新しいシステムである「小隊戦闘システム」を軸に(続編という扱いではあるが、ゲーム的に)完璧な新作を作ることが出来た点が良く作用したのだと思う。
自分に言わせれば、今作はかなり簡単。
GB版第二次Gを彷彿とさせるほどの簡単さ。
しかし、世間的にはみんながみんな簡単に出来ているワケではないらしい。
というのも、今作は小隊の使い方で難易度は大きく変わるらしく(そりゃ当たり前だ)、原作指向などのコダワリで小隊を組む人にはそうそう簡単なゲームでもないらしい。恐るべしスパロボ野郎共と言ったところか。
とにかく、そういう含みも想定してあるだろうからこそ、制作者の一方的な都合を押しつけるのではない、遊び方をユーザーに任せることが必要となり、「幅広く」も「適度」なロボット大戦が出来上がったのだろう。

Continue reading »

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:真・三國無双2 猛将伝

■断絶■

もう確実に世間一般にはついていけません自分。
というのも、PS2の大ヒットシリーズ、真・三國無双の「真・三國無双2 猛将伝」をやったワケですが全然おもしろくありませんでしたのでありますですよ軍曹!

正直、自分には全く合わなかった。
とても多くのキャラが動くのは、まぁスゴいことなのだが、それらをなぎ倒す快感よりも、ゴチャゴチャの中でやらざるを得ないことにストレスたまりまくり。

もう勝手にやってろヨ!!ヽ(`Д´)ノ
折れは肉まん喰ってる。

■総括■

真のつかないPS版のほうがおもしろかったらどうしよう。

~評価~

総合:三國志ヲタでもないのによく買えるなこんなの。

個人:You go your way, I go my way 2点。

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:メテオス

■見た目ユニーク■

元HAL研の桜井氏だの元UGAの水口氏だのが関わってたり、Webサイトがヤケにテンション高かったり、珍妙なCM(最近のものとしてはそれほどでもないか…)があったり、とにかく話題性はあった(ような気がする)一本。

実際売り上げがどうだったとかは…まぁどうでもよし。

個人的にもかなり期待はあった一本だ。
携帯ゲーム機にゃぁ良質のパズルゲームってマストアイテムだしね、っていうのは単なる思い込みだが、先行したPSPのルミネスの出来がかなり良かっただけに、同じqbのゲームとして普通に期待してたワケですよ。

ルミネスはどちらかというとテトリスに近い、一人で黙々とやっていくタイプなのだが、こちらのメテオスは真逆。

そっちよりも今では断然市民権を得ている対戦前提型のパズルゲームである。

どういったゲームかはWebサイトを参照していただくとして、対戦前提型にあるようでない、というか見えにくかったキャラクターの個性や性能がハッキリしている点がなかなかおもしろい。

このゲームではキャラというか「惑星」と呼ぶものなのだが、その惑星ごとに落ちてくるブロックの絵柄や特性、ステージの大きさが露骨に違い、わかりやすいと同時に、キャラクターを集めることも楽しみの一つとなっている。

Continue reading »

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:マリオパーティー5

6も出てます!

さらにはGBA版もアリ。

■簡素に■

某髭親父のゲームだってだけでつっこんで書く気がしなくなるのはなぜ?

仕様ですかそうですか。

■要は桃鉄でしょ■

いやね、ハドソン開発だからって言いたいワケじゃないんだよ。

お手軽で簡単でサクサク進行するかと思いきや以外と長い1ゲームの時間とか、

複数人での1ゲームが終わった後に、勝敗を決める要素である「スター」の個数のプレイ中の記録がグラフ表示されたりすることとか、

プレイ中、後も通して漂うのめり込んでるとものめり込んでないとも言えない妙なプレイ感とか。

■知名度とか符号化とか■

最近の自分のお気に入りとして、ファンタシースターオンラインエピソード3(以下PSOep3)というゲームがある。
このジャンルとしてはカードゲームにあたるこのゲームは、アクションRPGだった前作ep1&2アイテムや敵キャラをカードゲームという世界観に落とし込んでいる。
この「マリオパーティー」も、アクションゲームである(この頃は他にも雑多ものがあるが…)マリオの世界観をパーティーゲームに落とし込んだものである。

前述のPSOep3では、異なる2つの戦略タイプがあるという難しいシステムながら、前作からの世界観の移行が成功していて、やっていた人にはとてもわかりやすいものとして再構成されている。
そして、今回の「マリオパーティー」はどうかというと、正直、「らしさ」がそこそこあるだけでめちゃくちゃというように感じた。とにかく、マリオを知っているゆえにそこにわかりやすさが提供されるゲームでは無かった。

マリオという髭親父はゲームという括りの世界でもかなり知名度の高いキャラクターだ。しかしながら、長寿ゆえに全てを知る者もそうそう多くなければ、完璧な世界観の統一だって取れていない。そういった意味ではムリにマリオ偏重もせずに当たり障りない演出で構成された「マリオパーティー」はものすごく合理的である。が、こういう作品作りが積み重ねられているから世界観の統一も取れなくなっているんじゃないの?という気もしないでもない。

ま、現代じゃ限りなく二律背反な問題だとは思うんだけど。
統一性は閉鎖性になりマニア化につながるし、かといって「マリオパーティー」のような世界観の一部を抜き出した展開はマンネリ化や名前売り(DQとかFFとか)にもつながるから、必ずしもいいとは言えないし。

■総括■

ワケのわからない貧乏神が出てくるよりはパンピーにはやりやすいだろうな。
ゲームバランス的にもまったりしてて悪くない。
ただ、やっぱりどこかゲームゲームしてる。
ミニゲーム(実は毎ターンあるのはウザイ)はやはりゲーマー有利なものが多いし、3Dで多彩なギミックがあるマップ(すごろくのボード)も普通には進行方向等わかりにくい点があり、ゲーマー的直感が求められたり…と。

~評価~

総合:やっぱり普段ゲームとかしないパンピーの馴れ合い遊技向け。6点。

個人:パンピーじゃなくてゲーマーな自分にはちょいと退屈。桃鉄よりはいいけど。4点。

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:F-ZERO GX/AX

■擬似2D■

F-ZEROといえばSFCの・・・ローンチだったっけ?(をぃ
擬似2Dのワケワカメ近未来系レースゲームでありましたヨ、ハイ!
ワタシは擬似2D大好きデスヨー。
ただし、大方の場合レースゲーは除く
擬似2Dといえば自分には鈴Qさん作品がパッと思い浮かんじゃうようなモンであります。

(以下太字部分、清水愛ボイスで)

スペースハリアー、大好きです!

アフターバーナー、大好きです!

もちろん、アウトランも、だ?いすきです!!

ええ、アウトランは好きなんですよ。なんつーのかな、プレイ感にクセもないし、独特の情緒があるし。美しい風景、お好みのサウンドで美女と跳ね馬・・・たまりませんなぁ。
つか、アウトランのレビューじゃない(を
擬似2Dレースゲーで好きなのはアウトランだけヨ!(威張るな
マリオカートはさっぱりフィールドがわからないし!
パワードリフトなんかはもう吐きそうになるし!
ナイトライダー?・・・無かったことにしてくれ(笑)。
だからGBAのレースゲーもキライっぽ。
GBAと言えば2年ほど前マリオカートに手を出しそうになったな・・・。今思えば買わなくて良かった。

Continue reading »

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:エンター ザ マトリックス

今回のレビューに使用したのはXbox版。

■洋ゲーくささ■

ていうか洋ゲーじゃん。

空白

はい、好きな人にはたまりません、映画リンク系のゲームで、「エンター ザ マトリックス」でございます。この項も攻略要素は一切なし(!)、プレイしてない人には「はぁ…そうですか」程度、プレイした人には「まぁ…そうかもね」程度の微ネタバレでお送りします。

元が実写映画だから、実写映像がなければ胡散臭いような気持ちもわかる。
でも、実写とリアルタイムCGって明らかにギャップがある。

………。

洋ゲーなんだよなぁ。
ゲーム始めて、「やっちまったかなぁ…」と思った。

ゲームを始めるとまず実写ムービーが挿入。
…じ、字幕がヘボ…
そしてキャラ選択画面。
ワケのわからないシステム的装飾、そして選択カーソルの中では実写で例のマトリックスに入るときの椅子にもたれたゴーストとナイオビが。
タイトル挙げろ、って言われると困るけど、なんか初代プレステによくあったよなー、こういうの。地雷センサーがビンビン。

でもね、自分自身は洋ゲーとかあんまり真面目にプレイしたことないから、その点では新鮮味はあったね。コソコソスパイっぽい動きしたりとか、スナイパーライフルで遠くから狙い撃ちとか、こういうテイストもなかなかイ?ネ!

Continue reading »

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:ASTRO BOY 鉄腕アトム ~アトムハートの秘密~

■送り出そうぜ科学の子■

アトム?
最近テレビでやってるんだって?

見たことないね。

トレジャー?
斑鳩作ったとこだねぇ。

スマン、旧作は知らないのだ。

ゾルゲ?
あのセガガガの?

絶 対 や ら な く て は 。

…動機が不純なのはいつものことです。

Continue reading »

6月 8, 2005
tronmc

無観客で実感薄いけど

とりあえずドイツ行き決定おめでとうございます。

6月 8, 2005
tronmc

ヒーローが来たぞ!

イリアンが代表スケジュールを終えてジェフに戻ってきたそうだ!
大崩れしなければ決勝トーナメントに行ける次節のFC東京戦、期待は高まるばかりだ。
(今度こそは前節みたいにこういう期待を裏切ったりはしてほしくないな…)

6月 6, 2005
tronmc

藤田は名古屋に移籍

浦和が吹っかけただのなんだので話題となった藤田の移籍は、名古屋行きで決着。
まぁ浦和にせよ名古屋にせよ、「赤い藤田」になるんだけどさ。
(楽天レッドじゃなくて良かったな…)

ジュビロ磐田公式:藤田俊哉選手の移籍について
名古屋グランパスエイト公式:「藤田 俊哉選手」新加入のお知らせ

Recent Tweet

category