6月 23, 2005
tronmc

引き分けで喜ぶな

日本代表のコンフェデ、対ブラジル戦をスカパー!観戦。
結果的にはスコアは2-2の引き分けだが、こりゃ奇跡みたいなモンですよ…って内容だった。結果だけ見てうかれちゃいけませんぜ。

フジ系がないから入らないと嘆いていたバナチ氏と一緒に見てたのだが、ブラジル遊んでるなー、って言ってましたもの。

ブラジルは基本がよくできてるのか、とにかくシンプル。ロングフィードも精度が高く、それで受けたボールをキープして持ち込むことも十分にできていたので、引き気味になってしまっていた日本に対しても、ボランチひっぺがしてあとはセンターバックと勝負だ!ってぐらいに有効に攻撃していた。

あと、日本とブラジルではポジショニングにも差があった。日本はさっぱり動かないでやんの。ダメダメ。後半になってある程度は積極的にポレスをかけられるようになったけど、ブラジルはそのとき既に2-1のリードでもういいやモードだったし。前半といえば、後半開始時に大黒に変えられた玉田なんかは全くと言っていいくらい機能してなかったような。自分から突っかかっていった的な突破でファウルもらって、小笠原の惜しいFKお膳立てしたくらいしか記憶にありませぬ。

つーことでボランチとFWの役割再考希望。
あと三都主も。

6月 23, 2005
tronmc

君はコレのためにいくら出せる!?

Xboxソフトを探しにないす堂に行ったら(だってXboxなんかマトモに売ってるとこすら少ないんだもん)、正確な値段忘れたけど2万円越えのレイディアントシルバーガンが置いてあった…!

24800くらいだったかな?通常の中古は19800だったけど、それは値札に「未使用」と書いてありました。
いやはや、サターンってこう、妙にプレミアなものが多くて恐ろしいですね!

6月 16, 2005
tronmc

慣れっこですけど

監督交代はまぁいいとして。
パベルって昔ジェフにいたあのパベルなんだ!

ヴィッセル神戸公式:ヴィッセル神戸監督交代について
ヴィッセル神戸公式:パベル監督プロフィール

6月 11, 2005
tronmc

勝ったどぉぉ!ジェフ千葉決勝T進出!

後半15、17分と怒濤の必殺ガビアタックで試合をひっくり返し、勝利で文句なしに決勝トーナメント進出決定!
前半は随分暗い気持ちになる試合内容だったが、後半はジェフのサッカーになり、おもしろい試合になった。羽生もよく頑張った!

公式速報

6月 11, 2005
tronmc

ポの人ぉぉぉぉ!

遠目からのFKがペナルティエリアに入り、林が頭で折り返したところをガビが同点弾!
羽生の右からのライナー(シュートor林に合わせたクロス)をキーパーがパンチング、こぼれたところをまたもガビ!

後半20分くらいの間に走り、戦う意志のあるチームに変貌し、見事試合をひっくり返したぞ!

6月 11, 2005
tronmc

おっしゃ取り返せ!

後半4分、阿部のFKがこぼれたところを羽生がシュート。
内側ポストに当たったが、そのままゴールして一点を返した。
まだだ!まだ終わらんよ!

6月 11, 2005
tronmc

暗雲?前半終了?

0-2で負けております…。
冗談じゃなくマジで大敗しような予感さえ漂ってきた。

なんか水野が欲しい感じ。
攻めのビルドアップが遅い。
モタモタして中盤でボール取られることも多く、よしんば持てたとしてもモタモタのまま奥深くまで持ち込もうとするから固められて良いところを作れない。
「二列目以降の飛び出し」も少ないし。

また、守備もイマイチ食らいつきがなくて危なっかしい。イリアン、結城にイエローも出ている。

早さがないのなら、ガビをもっと使ってタメを作る、イリアンに持たせて押し上げる、って感じだろうか。
やっぱりハースいないのはキビしいんだなぁ。

そういえば、前年度チャンピオンのFC東京は他会場の結果により、決勝進出の望みは絶たれました。

6月 11, 2005
tronmc

運命の?FC東京戦スタート!

決勝トーナメント進出がかかってます!

おっと、キーパーが立石ですね。

6月 10, 2005
tronmc

GUNDAM FIX FIGURATION #0025 クスィーガンダム (小説「閃光のハサウェイ」より)

小説「閃光のハサウェイ」から、主人公マフティー・ナビーユ・エリンの搭乗する主役機、クスィーガンダムが登場。

私が知っている限り、小説及びゲーム「SDガンダムGジェネレーションF」、「サンライズワールドウォー」にしか登場していない。

アニメ化さえされていないのだが、それでも「ガンダムセンチネル」や「クロスボーンガンダム」のもの同様、マニアックな人気はある機体だ。

また、そういった作品とは違って、ガンダムシリーズの本家本元の生みの親、富野由悠季氏が執筆した作品でもあるのも隠れた人気の一因と言えるだろう。

Continue reading »

6月 9, 2005
tronmc

レビュー:ペプシマン(プレイステーション)

■忘れるなってば■

いやホントに。最近影が薄くなってきたけど、忘れちゃダメだよ。

流行り廃りに流されて、ヒーローもポイポイ取り替えるのかい?

そもそも最近は、何の流行りか知らないけど、謎を振りまくお話と、それに振り回されるヒーローばかりだ。

そんなやり方ばっかりじゃ、みんなも不安になるばかり。

でも結局は空腹の人に顔をもぎ取って差し出すような、あの人が一番支持されてたりする。

彼だって、あの人並みに親しみやすいキャラだと思う。

アメリカンだって違いはあるけど、真面目で間抜けなもんだから、目が離せないんだよこれが。

たった30秒程度のCMじゃ、ギャグっぽいところばかりが強調されて、そんなことわからないかもしれないけど,
まぁ、その、なんだ、このゲームをやればバッチリなワケですよ( ´Д`)y-~~

ていうかコレ、昔は腐れPC移植メーカー、今じゃ有名なギャルゲメーカーであるキッドのゲームだったりする。認めたくないものだな。

Continue reading »

Recent Tweet

category