8月 30, 2009
tronmc

WS003SH is back!!

001

一度手放した初代W-ZERO3(WS003SH)をもう一度手に入れました。

スマートフォンのQWERTYキースタイルで、長文入力にもストレスが無いものを…と考えてのことです。
実際にストレスレスかどうかは慣れの問題もあるので、これが一番とは一概には言えないのですが、個人的にはこれかアドエスかどちらかな、というところです。

今ウィルコム回線はWILLCOM 03で使っていますが、いかんせんこれは携帯ライクになりすぎて、IMEが文書作成には合わないところがあります。些細な差ですが、キーピッチや配置もどちらかといえばアドエスの方が好きです。
そこでアドエスじゃなくてWS003SHにしたのは、画面の大きさがあるからです。画面が大きいと、同じフォントサイズでも多くの情報量を見ることができます。指でも狙ってカーソルタップできるフォントサイズでなるべく多くの情報量を…ということでWS003SHなんです。
個人的に文書は都度前後を手直ししながら書くタイプなのですが、Home、Backボタンや方向キーでの移動がモタつくスマートフォンでは、素早いカーソル移動→指タッチと考えています。

ちなみに、004SHじゃないのは安いからです(^_^;)
ユーザーエリアメモリはたいして問題じゃありません。

で、まずは環境構築から…というところからやっていますが、大変ですね、これ。
自分はよく昔こんなものを使っていたなぁ、というのと、WMやW-ZERO3もたいして変わっていないようでけっこう変わってるんだなぁ、というのを改めて感じました。

差し当たりATOK for WMを入れて、あとはAplioとgiraffeを用意してあげればとくにPC側から移すものもないだろう……と思っていたら.Net Compact Frameworkが無いじゃないか!というポカをやってしまい、時代を感じておりますw

Leave a comment

Recent Tweet

category