4月 15, 2011
tronmc

HYBRID W-ZERO3:TodayをTitaniumに変更+CLauncher表示

20110415171727

SPB Mobile Shellを常用していましたが、Xcrawlでオペレーションできた方がいいと思い、Titanium(WM6.5のTodayアイテム「Windows標準」チェックで表示されるもの)に変更。
ただそれを使うだけならなんてことはないのですが、カスタマイズは茨の道でした(;´Д`)

以下のサイトを参考にアプリランチャープラグインを導入しました。
他のサイトさんや文書等も見ながらいろいろ勉強した(つもり)なのですが、簡単にまとめちゃうと以下のサイトなのかな、と。

W-ZERO3 KUSTOM: TitaniumにCLauncherを表示:

試行錯誤はおいといて、結果的にやったことを列挙すると…

・CLauncherのCABをインストール
・上記サイトにてリンクされている、「各SHCustom_???x???.cprファイル」(「???x???」は「854×400」と「400×854」)と、それを「Titanum_???x???.cpr」にリネームしたものをWindowsにコピー
・CHome Editorでカスタマイズ

これだけ。
ただし、再起動時対策のMortScriptについては、上記サイトにリンクがあるもの、及び検索して出てきた以下のもの両方を試したが効果出ず結果的に対策ができていない状況です。
※追記:スクリプト自体は効力がありました。起動時に(スタートアップフォルダに入れている)スクリプトの実行が行われていないと推測しています。

WILLCOM HYBRID W-ZERO3(WS027SH) Part80 | 501 | 2番街.net:

【 527 】: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/23(日) 14:30:16 ID:+PS7n3a6 

>>524
w-zero3のアップローダにも↓と同様のテキストファイルが上がってた気がする。
973:白ロムさん:2010/03/19(金) 14:08:03 ID:DNPe1vCF0
流れ読まずに投下
Windows標準”Titanium”を、再起動時に並べ替えるスクリプト。
↓のスクリプトをスタートアップ時に、出来るだけ最初の方で実行されるようにする事。
(複数行になっているが、1行のスクリプトに直してから使用する事)
RegWriteString( “HKLM”, “SoftwareMicrosoftCHome”, “ExtensibilityXML”,
“<Plugins Order=’CText;COEMMessageAPP;CEmail;CVoicemail;CPhone;CClock;CAppointments;CWindowsLive;CHomeFavs;CMyPhotos;CMusic;CWelcomeCenter’
CPRFileName=’SHCustom’ DisplayStyle=’Titanium’ ><CustomPlugin Name=’COEMMessageAPP’ LocName=’COEMMessageAPP’ GUID='{F0A1B246-6E64-40cd-8E15-347D29FF6F18}’>
<DataSource>Software\MyKey\TitaniumPlugins\COEMMessageAPP</DataSource><Layout>COEMMessageAPP</Layout></CustomPlugin></Plugins>” )
CText〜CWelcomeCenterまでの順番を変える事で、表示を並べ替える事が出来る。
要らないプラグインは削除すると表示されない。
xda等にあるプラグインは、インストールしただけでは表示されない。
確認はしていないが、ライトメール(COEMMessageAPP)と同じようにすると、表示される物があるかもしれない。(要レジストリエディタ)

CLauncher起動まででもけっこう時間を食っているので疲れましたw
のでひとやすみ。再起動問題は後回しあとまわし。。

Leave a comment

Recent Tweet

category