10月 8, 2010
tronmc

九番手補助役…?HYBRID W-ZERO3

RIMG0057

SBM回線で復活!ということでウィルコムの端末をHYBRID W-ZERO3に機種変更してきました。

春頃から何度も書いてますが、だれとでも定額(現状地域限定サービスだが、隣県でやっている)を契約するか?それともこの機種のプラン(GS)でPHSパケット無料を取るか?という、つまりは通話端末として使うか、通信端末として使うかの煩悶がありました。

今回の機種変更は即ちその結論を出したということになります。

ここ数ヶ月、HYBRID W-ZERO3の市中在庫が無くなり(それどころかアドエスや03もウィルコムストアから消えてたのはどうかと思うぞw)選択肢がなかったので、だれ定の範囲で収まるかを意識してアドエスを使っていました。
結論はというと、私の使い方では通話は大抵10分あれば終わるものでした。
なので、正直なところを言えば、だれ定に未練はあります。

通信についてはDesireやiPhone4を経験して、3Gのリッチコンテンツ…とくに動画、さらにツッコんで言えばYoutube(ニコ動は携帯とは親和性が良くないと思う!)にハマり、回線速度とか大事ネー、とひしひし感じてたり。ついでに言えば、HYBRID W-ZERO3自体スペック上はパワーのあるマシンじゃないから、そこいらもネックにはなっていました。
しかしそれ以上に、(きっかけはDesireなんですが)Twitterをはじめたり、Remenber the Milkに復帰したり……Webサービス(今はクラウドって言った方がいいのかな)を今までより使う機会も増えました。で、矛盾するような話なんですけど、それってパケット通信の速さってあんまり問題にならなかったりすると思うんです。
なぜなら、スマートフォンだとアプリ形式で提供されるものが多いから。
結局は、メールでサービスにアップロードをかけられたり、テキスト程度の通信しかしないものも少なくないな、と。

…長くなりましたが、そういうワケでウィルコム回線は「通信」側へ舵を取ることにしたワケです。
980円データ端末とかじゃないのは、事実上メインの電話番号になってるからと………ずっと使ってきているがゆえのW-ZERO欲ですね。

ただし。実際に使ってみると、この端末、これまでのW-ZERO3シリーズの中で最も、デフォルトでは使いにくい端末だと感じました。というか、デフォルトで実装されているWILLCOM UIのせいなんですけど(苦笑)。
これ、動作が重いからダメとかそういう話じゃないんですね。端末機能やWindows Mobile自体と噛み合ってないんです。

そういうことなので、WILLCOM UIをバッサリ切って電話として使える構築をして、さらにはパケットも使い倒しちゃいたいゆえ、今までのW-ZERO3シリーズよりもガッツリ(古い)、且つアグレッシブにカスタマイズをしていくことになると思います。
AndroidやiOSでふやけたモバイル魂を鍛え直すには良い機会と思い、楽しませて頂こうと思います。

でも、再販で台数も出ると思うのでアップデートはお願いします>シャープさん
W-ZERO3メール復活希望!

ウィルコムストア

Leave a comment

Recent Tweet

category