7月 12, 2007
tronmc

EM・ONE:1.01a にVersion Up → デグレ?

EM・ONE、待望のファームウェアバージョンアップ!

EM・ONE ?本体アプリケーションバージョンアップについて?

ということで早速バージョンアップしたが…

やられた。

見事に使い物にならなくなってしまった。。。
本体機能によるサスペンド(電源スイッチ or 放置)を使用すると現象が再現するのだが、非常に動作が重い、鈍い、トロい。

初代 W-ZERO3 でも、相当数アプリを並べないとここまで重くはならないだろう…というほどで、ポインティングデバイスのカーソルや、ソフトキーや Windows キーによるメニューの展開はコマ送り状態。
画面遷移に数十秒かかることもしばしばで、その間に1タッチ操作をすると、チャタリングで2タップしてしまった扱いになることも。

また、本体機能によるサスペンドをすると、今までは消灯していた電波状態ランプが点きっぱなしになった。電池のことを考えるとこれもあまり良くない。。。
ちなみに、リセット直後は今までの通り、とくに重さは感じない。

バックアップアプリ、Sprite Backupの提供も開始され、バージョンアップ前のバックアップも取ってあるが、どうも前バージョンでのバックアップはアテにならないようだ。
これは…また初期化して再発するか試してみるしかないか…( ̄▽ ̄;

Leave a comment

Recent Tweet

category