3月 10, 2008
tronmc

Advanced/W-ZERO3[es]:MortScript を入れてみた。保留音を変えてみた。

なんかムズかしそー、メンドくさそー、というぐうたらな理由で避けてきた MortScript をついに導入してしまった!

というか、誰かが作ったモノを使うだけなら、死ぬほど簡単だった。後で考えて見れば、スクリプト言語なんだから当たり前か。
ここから任意のバージョンをダウンロード。今回は 4.1 をダウンロードした。
解凍したフォルダ → cab → MortScript-4.1-PPC.cab をアドエスにインストール。

スクリプトの起動は、 ".mscr" の拡張子のスクリプトを実行するだけ。

で、今回はW-ZERO3ツールMEMOさんで紹介されていた、アドエスの電話中の保留音を変更するスクリプトを導入。
最近長電話が多く、トイレに立つときなどに保留音をよく使うのだが、「無難なメロディで微妙だな、入れ替えや指定はできねぇのか?!」と思っていたところだったので、グッドタイミング。
本当にスクリプトを実行して出てきたウィンドゥでファイルを選ぶだけで変更できてしまった。

こんなに簡単なものだとは…。今まで入れていなかったのが恥ずかしいくらいだ。

 

P.S.

サンプルスクリプトをいくつか見てみたが、スクリプトにはシェルスクリプトや Perl スクリプトのような、シェル/インタプリタバイナリのパス指定さえもいらないようだ。。

Leave a comment

Recent Tweet

category