8月 22, 2007
tronmc

Advanced/W-ZERO3[es]:独自充電端子対応のリトラクタブルケーブルは買わずにはいられない



ついに待ちわびた周辺機器の予約が Vis-a-Vis で始まった!
リトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es]だ。

要はUSB端子からの充電を可能にする周辺機器だが、バッテリーが死活問題となりかねない現在のモバイル機器には、 USB端子から充電ができるアイテムは必須機器と言っても過言ではないはずだ。


私の場合、常に充電用アダプタとして持ち歩いているのは、モバイルクルーザー一台だけ。あとは、ケーブルを2本持ち歩いている。

旧W-ZERO3用として発売されたリトラクタブルケーブルで、EM・ONE、PSP、デジカメが充電できる。miniB 端子から変換するコネクタをつければ iPod も充電可能だ。
それと、携帯電話用に、これもUSB端子から給電するケーブル(FOMA/SoftBankの3G対応の汎用品)を一本。
モバイルバッテリーも持ち歩いているが、これもモバイルクルーザーとリトラクタブルケーブルで充電ができ、逆にそれからの充電も可能だ。

アドエスの充電端子は残念ながら独自仕様となってしまったため、今は専用の充電器を上記のものと一緒に持ち歩いている。このリトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es]を買ったところで、結局はケーブルが一本増える生活にならざるを得ないのだが、アドエスのACアダプターを丸々持ち歩くのと比べればマシ。

さらには、これがあればモバイルバッテリーも使えるようになる。
ここが買わずにはいられないアイテムである最大のポイント。
今はコンセントのあるスポットがないと、バッテリーのことを気にしてアドエスの使用はセーブ気味だったのだが、これからはモバイルバッテリーと組み合わせることで、どこでも存分にアドエスを使うことができるようになる!

そういう意味では、個人的にはこれこそがアドエスを真に開放するアイテムだ!と言っても過言ではないと思っている。
もちろん、モバイルバッテリー自体の充電は、きちんと計画的に…だ( ̄▽ ̄;

Leave a comment

Recent Tweet

category