9月 11, 2007
tronmc

Advanced/W-ZERO3[es]:キラーアプリはDQ5?!

ades_dq5.JPG

テレビの前にどっしり腰を落ち着けて RPG をやるのはあまり好きではないが、これなら話は別。
Snes9xJ4u をインストールして、ドラクエ5を遊んでいる。

基本的には、画面描画やキーへの反応については、処理落ちなども無く、動作は全く問題ない。
ただし、他のアプリの処理が入ってくるタイミングではさすがにもっさりしてしまうことがある。
目下、そういう状態をよく引き起こすのがメールの受信処理だったりするのが悩ましいところ。

遊び方としての善し悪しは抜きにしても、ブラウザで攻略サイトを見ながら遊ぶ…といったことができればデバイスとしてはおもしろいのだが、そこまでは少しムリがあるようだ。

音については、上記のように他のアプリの処理が入ったタイミングや、起動直後なども途切れる感じがあるが、外出中のちょっとした空き時間に遊ぶ、となればだいたいマナーモードで無音なので、さほど問題もナシ。

何よりアドエスなら、テンキーでスーファミのボタンを全部まかないつつ、片手で遊ぶことができるのが嬉しいところ!
「ドラクエなんざそんなにボタン無くてもいいのでは?」という意見もごもっともだが、遊びやすさには重要かな、と思う。
例えば、LとR(「はなす」「しらべる」や、戦闘の進行等に使えるユーティリティなボタン)を左右に割り振っておけば、左右どちらの手で持っていても対応できるし、指の疲れ具合で左右位置を変えたりできる。ちょっと長めの暇つぶしにプチプチとプレイするのは、これが意外と役に立つのだ。

ということで、よくよく考えたら10年くらいぶりに「ドラクエ」シリーズを遊んでいることになるのだが、ドラクエの「呪文」って意外と覚えているようで覚えてないものなんだな、というのを強烈に感じた。

どうもホイミ系と攻撃呪文くらいしかまともに覚えていなかったらしい…というか、未だに似たような状態。
ひたすら「たたかう」連打派で、覚えていなくても(使わなくても)まず問題なく進行できているのだが、いかんせん「キアリー」と「ラリホー」を覚えた程度しか進歩がない、というのはどうなんだ自分。。

Leave a comment

Recent Tweet

category