11月 15, 2009
tronmc

SH-04Aの後継機が出るのかぁ…

「SH-04A」から何が変わった?:写真で解説する「SH-03B」 (1/2) – ITmedia +D モバイル:

型番がピンと来なくてチェックが遅れましたが、SH-04Aの後継機が出るそうです。
何かシリーズ名でも付けてくれればいいのになぁ…。

さて、そのSH-03Bですが、上の記事を見た感じ、ハードキーの進歩が非常にうらやましく感じます。

まずはもちろん、QWERTYキーですね。
数字キーの搭載はとてもいい改良だと思います。Fnキーを入れながら数字を入力するのはW-ZERO3シリーズで慣れっこなので、いままでもとくに不便だとは思いませんでした。しかし、数字キーが搭載されて、そこにF1~F4キーが割り当てられるのはデカい!これは相当使い勝手の改善に寄与すると思います。
また、今までF1~F4キーだった位置と、Fnキー組み合わせが数字だったキーに、新たに記号が割り当てられるのも良いですね。
両側にShift相当の↑キーと、Fnキーが出来たのもGood(右端にFnキーが来るのは改行や空白キーの妨げになって危険かなー、とも思いましたが、十字キーでも代用できるのでさほど問題ないかな?)。
Fnと↑はトグルになってればなお良し、ですね。

そして、なんといっても通話キー、終話キーが前面に来たこと!
SH-04Aでは右のサイドキーで、縦画面時に上から終話、通話と連続で並んでいたのですが、上端にある終話はともかく、真ん中にある通話キーは非常に押しにくくて、未だに慣れずに受話のとき困っています(多少スペースが空きますが、下端はプッシュトークキーです)。
もはや不要のプッシュトークキーを省くだけでもよかったのですが、前面に来るとさらに押しやすいでしょう。
ただし、前面のクリアのハードキーの削減は残念。記事にもありますが、通話と終話の間に合ってもよかったと思います。

差し当たり買い換えるほどとは思いませんが、機能改善が成されていること、そして何より単発で消えずに後継機が出るのはいいことですね。シャープさん、頑張って下さい。

Leave a comment

Recent Tweet

category