5月 13, 2009
tronmc

SH-04A:タッチパネルは静電式で良かったのだろうか?

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):第1回 タッチパネルで何ができる? できない? (1/2) – ITmedia +D モバイル:

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):第2回 やはり「SH-04A」が最強なのか?――タッチUIを徹底解剖する (1/3) – ITmedia +D モバイル:

SH-04Aを含めた、docomoの2008年冬モデルの主要タッチパネル搭載機種のレビューがITmediaにありました。

個人的にはとにかく感度が気になるのですが、そういうお話は無し。
他のものに代える気はないけど、客観的にどうなのか知りたかったので残念。

全部静電式のようですが、静電式でもiPod touch等感度のいいものはあるので、それも根拠になりません。。

マルチタッチを取ったので静電式になったんだと思いますが、個人的にはSH-04Aは抵抗膜方式でもよかったと思います。マルチでなくても構わないので、タッチペンが使えたら、iモードのリンクとか細かいものの選択も楽になるでしょうから。
「携帯電話」という範囲で液晶の大きさを考えた場合、SH-04Aの3.5インチは大きい部類に入ると思います。それでも、細かいもんは細かい。そして、個人差はあれど指はそれに対して大きくて、タッチペンには劣ると思うのです。

自分の場合マルチタッチを必要としない使い方をしているからこういう意見になるんだと思いますが…。

客観的に見た場合、マルチタッチを必要とする場面って表示の拡大縮小くらいではないでしょうか(説明書にもタッチの操作の仕方としてそういうものしかありませんでした)。それを使うのは写真閲覧かフルブラウザくらいだと思います。
しかしながら、そういうのはエンタメなんだから「PRIME」がやればいいじゃないかと思う反面、「PRO」は最新技術を自在に扱うというコンセプトだから無いのもどうか、って話なんだろうか。
そもそも「PRO」自体、スマートフォンが混在する一番統一性のないカテゴリだから、こんなこと考えるだけ無駄なんでしょうけどね(^_^;)

Leave a comment

Recent Tweet

category