7月 30, 2008
tronmc

iTunes 7.7 の不具合回避

Apple Mobile Device Helper のエラーの不具合だが、よくよく探してみたら回避方法があった。

アップデート後、iTunesを起動すると、エラーが止まらない。このエラーに関しては各所でレポートされているのでご存じの方も多いだろう。 Windows Vista PCにおいて、AppleMobileDeviceHelper.exeがエラーを出し続けるという不具合で、ぼくの場合は、C:Program FilesCommon FilesAppleMobile Device SupportbinAppleMobileDeviceHelper.exeのプロパティを開き、互換性タブで特権レベルを設定、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをつけることで暫定的にエラーを回避している。

AppleにはWindows Vista PCがないというまことしやかな噂:山田祥平のRe:config.sys

たしかに止まった。ありがたい。

さらによくよく探してみると…

Windows Vista環境で、ATOKが既定の言語に設定されている場合、iTunes 7.7を起動すると、「AppleMobileDeviceHelper は動作を停止しました」というエラーメッセージが表示される現象を確認しています。本現象の原因については、アップル社と協力し、両社にて調査中です。
対処方法については、情報が整い次第、本ページでお知らせいたします。

[042973]Windows VistaでiTunes 7.7を起動すると、エラーメッセージが表示される:

Vista + ATOK という特殊な環境での現象らしいorz
こりゃすぐに対策版が出ないはずだ。。

Leave a comment

Recent Tweet

category