4月 7, 2013
tronmc

SIM下駄でSBM版iPhoneをxi SIMで使う(+旅行での携帯端末の話)

RIMG0170

秋葉原でiPhoneのSIM下駄を買ってきた。
粗悪品があるようにも聞くし、ネット経由で買うのは抵抗があったけど、実店舗だとちょっと悩んで覚悟したくらいで買ってしまうという。値段も安かったしね。

RIMG0171

iOS6.1.2対応と書いてあって、すでに6.1.3にしてしまっていたのも、ちょっと悩んだ要因。しかし、買って即パッケージをバリバリして使ってみると問題なし。
SBM版のiPhone4SにドコモのxiデータプランのSIM(元々MicroSIMサイズ)と一緒に入れると、アンテナ部分が「NTT DOCOMO」表示に。
手動でのAPNの設定はできないので、 http://www.gevey.com/apn/ からプロファイルをダウンロードしてAPN設定を流し込む。記述はmopera.netのみ。
普段GalaxyNoteに入れている回線なので、使うことはあまりないかもしれないけれど、GalaxyNoteじゃなくてもいいときに、気分に合わせて、かな。

 

なお、東京旅行のときは3日間の滞在で、しかも旅費を浮かせようとカプセルホテルに泊まったので、充電はマクドナルドくらいでしかできず。ほとんど充電していないに等しい。
一日目は、xiデーター回線をHW-01C(標準バッテリー2個)、Wifi運用とSIM下駄運用で先のiPhoneを使用。一日で干上がる。
二日目はあんまりネットを使わなかったので、普段使いのIS12Tで保ったけれど、さすがにかなり危消費。
三日目は、満を持してGalaxyNoteを使用。でも案の定半日で干上がって、そこでモバイルバッテリーを差しながら使っていた。
Wifi子機としてiPadも持っていって、都合7台くらいか。持っているほとんどを投入して、ものすごい重い思いをして歩いていたけれど、さっぱり継戦能力がないことがよーーーくわかった。
WILLCOMは割り切って電話、メール専用にしてnineとアドエスの二台を持っていって、どちらも電池が切れることなく使えた。電話とメールだけなら難しいことも悩むことも、重い思いをすることもなかったんだな…と思った。
でも、ネットで調べ物や地図参照がができなかったらいろいろと行けないところもあったし、宿泊先にすら困っていたと思う。行ってみたら満員でダメなところもあった。ただでさえナビアプリに頼りすぎて方向音痴への道を突っ走っているのだから、ネット環境が、携帯端末が無かったらと思うとゾッとする。
そりゃあ、べったり依存なのもどうかと思うけれど、背に腹はかえられない!(吐血)

Leave a comment

Recent Tweet

category