5月 19, 2009
tronmc

docomoPROシリーズが2009年夏モデルでおもしろくなってまいりました

docomo PRO series HT-03A | 製品 | NTTドコモ:
ドコモ、国内初のAndroid携帯を発表 – ITmedia News:

やってまいりました、Androidでございます。
iモード対応はもちろんありませんが、Gmailの自動受信が可能とのこと。
これってどういう挙動になるんでしょう。海外端末でどんな感じなのかチェックしてませんでした( ̄▽ ̄;
気になるのはこんなところですが…
・やはりプッシュではなく擬似プッシュ(実質端末側から定期的にチェックをかける)なのか?
・擬似プッシュだとしたらバッテリー持ちは大丈夫か?
・POP?IMAP?
要は日本のケータイと同じようにメール使えるかが気になります。

 

docomo PRO series T-01A | 製品 | NTTドコモ:
PROシリーズ:7年ぶりの東芝製ドコモ端末は、4.1インチタッチパネルのSnapdragon搭載スマートフォン――「T-01A」 – ITmedia +D モバイル:

今回は唯一のWindows Mobile端末です。
Snapdragon(1GhzCPU!)搭載で動作がどうなるか、メモリはどうなのかというあたりでも気になりますが、HTC以外…しかも国内メーカーで独自のタッチUIが積んである点に最も関心があります。
出来のいいものになっていて、日本メーカーもいけるぞ!というのを示して欲しいですね。

 

docomo PRO series SH-07A | 製品 | NTTドコモ:
PROシリーズ:ダブル・ワンセグとBDレコーダー連携、10Mカメラ搭載の“フルスペックAQUOSケータイ”――「SH-07A」 – ITmedia +D モバイル:

普通の日本のケータイやんw
前回もSH-04Aという実質中身はケータイ、という機種はありましたが、同様にiモードに対応しつつ、サイクロイド折りたたみ、テンキー装備と「これPROなの?」と言いたくなるような…ある意味PROシリーズとしては異色な端末であるという点が興味深いです。
確かに現状最高峰のスペックで、ダブルワンセグやCCDカメラなどある意味価値がわかって、フル稼働させたいという人向け(おそらく普通の人にはそこまでは要らない…という機能でしょう)の機能実装ですから、PRO向けといえばPRO向けなのですが。
SH-04Aがあったため前回はPROシリーズは「スマートフォンとその亜種」というカテゴリと認識できましたが、改める必要がありそうです。
また、一般ユーザーも「PROシリーズ」というカテゴリに目を向けてくれるきっかけになるのではないでしょうか。

Leave a comment

Recent Tweet

category