7月 2, 2011
tronmc

イオンSIMを破損してしまったので、iPhone4で使ってみる

RIMG1068RIMG1070

日本通信とイオンのSIM、地元では全く店頭で売っている気配が無く…というか、見える形で販売してないくさい?契約を行ったのはどう見ても店頭に置いていない携帯コーナーでしたし、もちろんお店を回った感じ、見つけられませんでしたし。以前docomoのSIMをマイクロSIMに交換してもらったときも一店舗目でそんなサービスはないと突っ返されましたが、これが田舎クオリティなんでしょうかね。
変なお店が白ロムの販売をしてたりはしますが、確かにSIMフリーを売るお店もなければ、海外への玄関口もないので、そんなもんなのかもしれません。

閑話休題。
低速ながら980円という料金が、月払いで使えるところが魅力な通称イオンSIMですが、破損してしまいましたので、結局SIMフリーのiPhone4に入ることになりました。むきだしですのでくれぐれも取り扱いにはご注意下さい…。

写真 11-07-02 18 59 12写真 11-07-02 23 23 11

早速ですが、ある日の19時頃と23時半頃(時刻にはあんまり意味はありません)のスピードテストの結果がこちら。
概ね可もなく不可もない、想定内の値です。23時半の方は最大速度(MAX)がいい値になってますが、何かあるのでしょうかw

APNは、最初の写真の通り日本通信固有のものを使用しています。
設定→一般→ネットワーク→モバイルデータ通信、と進んでいって、APN、ユーザー名、パスワードを入力します。
インターネット共有のところにも同じ情報を入れておけば、テザリングも可能です。

普段はドコモ版PocketWi-fiを持ち歩いていますが、たまーに起動待ち時間がうっとうしいときに、さっさとテザリングが使えるのでそこそこ役に立ちます。
スマートフォンでメールや、Twitter、Facebook等のニュースフィードをテキストで送受信するには何の問題もなく、PocketWi-fi要るのだろうか?と思ってしまう日もあるほど。もちろん、iPhone単体で上記のものを扱えるのもいいところです。

低廉な定額と速度という点ではHYBRID W-ZERO3とバッティングしますが、アドホック接続、バッテリー消費…そして何よりさっさと接続が確立できるところがなかなか良い感じです。またHYBRID W-ZERO3の必要性がアヤしくなっちゃったなぁ…

Leave a comment

Recent Tweet

category