6月 3, 2007
tronmc

Windows Mobile には、OverLay Brilliant を。


Windows Mobile Pocket PC では、液晶保護シートは必須と言っていいほど重要なオプションだ。
当てはまらない機種もあるが、ほとんどの機種には以下のファクターがあり、携帯電話やノートPCと比較しても、格段に液晶にキズがつきやすいからだ。

・タッチパネルを使用する
・液晶のサイズが大きい
・液晶部分が剥き出し

私はそんな Windows Mobile Pocket PC の液晶保護シートとして OverLay Brilliant を愛用している。

W-ZERO3、W-ZERO3[es]、EM・ONE と足かけ3台のデバイスを使ってきたが、OverLay Brilliant の良さは群を抜いていると感じるからだ。



使い始めたきっかけは、W-ZERO3 を購入したら購入特典としてついてきたから。

このテのモバイルデバイスを持つのが初めてだった私は、当時は OverLay シリーズ、ひいてはビザビミヤビックスのことなどつゆも知らなかったので、この購入特典はかなり「豚に真珠」な一品だったと言える。

その「豚に真珠」状態はかなり長く続いた。
W-ZERO3 はキズもなく美しい画面を見せ続けてくれていたが、私はそれが当然のことだと思っていたからだ。

OverLay Brilliant の良さをやっと自覚するようになったのは、W-ZERO3[es] を使うようになってからだ。

私はけっこう「モバイルデバイスの液晶のキレイさ」に弱い。
携帯電話を選んでは液晶がキレイな機種にノックアウトされたし、ゲームボーイアドバンスは SP、micro と液晶が改善される度に買い換えたくらいだ。

私が W-ZERO3 購入から一年も経たずに [es] を買ったのは、モバイル愛好家だったからというより、[es] の液晶にノックアウトされたからだ。もちろん今ではモバイル愛好家の部類に入ると思うが、やはりそれは [es] に因るところが大きい。

それはともかく、液晶なんて W-ZERO3 と大差ない?
そうかもしれないが、こういうものは小さい方が見栄えがするものだ。
[es] を買いに行ったわけでもないのに、2.8 型の液晶サイズに W-ZERO3 と同じ情報量が展開されているのを店頭で目にしてしまった私は、興奮してその場でそれを購入してしまった。


その場に OverLay シリーズは置いておらず、同時に買った液晶保護シートはオズマのファインガードだったが、これは微妙にサイズが小さく、すぐに使うのをやめてしまった。
両端に明らかにカバーしきれない領域があったのだ。
微妙だが Windows Mobile Pocket PC にはそれはかなり致命的だった。
保護シートと液晶の段差でスクロールバーの操作に影響が出たのだ。

その頃にはネットでの評判等で OverLay Brilliant の良さを認知するようになっていたので、素直にそれを買えば良かったのが、あいにく近くの店舗に置いていなかった。

そこで、サイズフリーの液晶保護シートを購入、画面サイズに合うようにカットして使ってみたのだが、これがまたキズのつくこと!
持ち運び等より、タッチパネルにスタイラスを使うことによってついているようだったので、改めてその用途にも耐えうる専用品でなければいけないことを思い知った。

それを受けて次に購入したのは、OverLay Plus だった。
これは OverLay Brilliant よりも、例えば晴天時等の屋外での見やすさを優先したタイプ。

エンボス処理が施されていることもあり、液晶本来の美しさの再現という点は犠牲にされている。
しかし、[es] はサイズもコンパクトで、より携帯電話寄りなシーンで利用できる端末なので、これはこれで間違った選択では無かった。

しかし、OverLay Plus の画面にもすっかり慣れたある日、家電量販店を訪れた際、そこにあった [es] のデモ機を見て愕然とした。

そのときの自分の [es] の画面とは全く違う、とても艶やかでキレイな画面がそこにはあった。
「[es] の画面ってこんなにキレイだったのか!」
すっかり忘れてしまっていた購入時の興奮が蘇った。

幸か不幸か、その店にはしっかり OverLay Brilliant が置かれていた。
もうこれしかない!と思ってレジに並ぶまでに、全く時間はかからなかったし、即座に次に行く場所はコーヒーショップだと決めていた。
とにかく一刻も早く落ち着ける場所でこれを貼りたい…その一心だったのだ。

たまに、用もないのに [es] の画面を点けて見入ってしまうことがある。
何故かは自分でもよくわからないが、その視線の先にあるものは、非常に鮮やかでキレイなことは確かだ。
これがあるべき姿なのだな、と誤解しそうになるのだが、そうではないのだろう。
長い間キズもなく美しい画面に見入ることができることができるのは、 OverLay Brilliant あってのことなのだ。

[es] で存分にその良さを実感した今では、EM・ONE でも迷わず OverLay Brilliant for EM・ONE を使用している。
EM・ONE は表面積における液晶の占める割合が他のデバイスよりズバ抜けて大きいので、他のデバイス以上に液晶の保護がデバイス全体の見た目という観点に大きく影響するので、その点においても OverLay Brilliant の果たす役割は大きい。

Windows Mobile Pocket PC では、液晶保護シートは必須と言っていいほど重要なオプションだ。
だがその中でも、私に限って言えば、必須であるのは間違いなく OverLay Brilliant なのである。

Leave a comment

Recent Tweet

category