4月 25, 2009
tronmc

まだアレンジできるとは!「超Climax Jump」

011 009

前作さらば電王で再びAAA Den-O formの元に帰り、さらに4フォームバージョンも作られた「Climax Jump」。今度の劇場版「超電王」では主題歌どうなるんだ?と思っていたらその「Climax Jump」に「超」が付いて登場。
「Double-Action」には敵わないとはいえ、7バージョンが作られている中、どういう楽曲にしてくるのかはとても楽しみでしたが、良い意味で期待を裏切られました。

「超Climax Jump」。その刺激的なタイトルとは裏腹に、優しい曲になっていました。
極端に言えば卒業シーズンの応援歌みたいな。。
前作の「Climax Jump the Final」はアッパーでしたが、真逆………だと言い過ぎかな?
とにかく、そういう意味で言えばガツンとパンチが入った曲ではありませんが、今まで電王を見てきた人ならグッとくるものがある曲になっています。もちろんちゃんと「Climax Jump」してます。グッジョブ!

ただ、これから「超」として再び始まっていくものの主題歌として相応しいかは……映画を見ないとなんとも。少なくとも再開をアゲアゲでやっていく感じにはなっていなくて、今までを踏まえて大事にしながら次に行く姿勢なのかな、と思えます。

カップリングの「PARTY MIX」は、今までので言えばセリフ入りバージョンですが、今作では劇中セリフではなくて、レコーディング風景でのやり取り、という設定でセリフが入っています。これ、すごくおもしろい(笑)

歌う「DEN-O ALL STARS」は、4タロス、オーナー、コハナ、ナオミ、幸太郎(桜田通)、テディ(小野大輔)という構成。映画劇中ではジャケット写真にあるようにクライマックスフォームにジークがくっつくんでしょうし、NEW電王がベガフォームになるという情報もあります。良太郎、侑斗はともかく、ここにジークとデネブがいないのは少し疑問符というか、残念なところもあります。

しかし、桜田通、歌上手いなぁ。「Double-Action」で成長していった佐藤健@良太郎とは違い、最初っからクライマックスです(笑)。コハナ@松元環季も頑張ってます。某ポニョの子にも負けてない!
それと、声優として上手いからなのか、他のタロスと比べると今までいまいち役の声になっていなったモモタロスもようやくサマになってきたなぁ。。

今回はDVD付きは出ませんでしたが、この曲が聴けるだけでも出す価値ある値段のCDだと思います。やっぱりちゃんと買って良かった!あとは映画!楽しみだなぁ…。

 

Leave a comment

Recent Tweet

category