2月 12, 2012
tronmc

男子ガッツリ相棒パン

RIMG1582RIMG1583

ドラマ「相棒」とのコラボ商品としてヤマザキパンより発売されている「紅茶&紅茶」。売れているらしいが、たしかにこれはとんでもない。

全くもって新しい商品というわけではなく、同社の「マロン&マロン」を踏襲(または流用とも)した一品。なので、大枠はそちらと同じ。
「紅茶」という標記に違わないテイストかというと、美食アカデミーのあの人あたりがケチをつけそうだが、パンの適度な肉厚感、期待を上回るクリームの充填っぷりは、男の夢として川越スマイルをもらうに足るはずだ。(ネタが古い)

RIMG1586

つまるところ、とにかくコスパもよくボリューミー、ホイップを摂取しつつ空腹を満たすにはかなり良い選択肢と言える。俺のiPhoneと比べてみるか?こんなにデカいんだぜ?イェーイ!(いや、見た目は普通じゃね?)
だがちょっと待て。これは「相棒」、しかも時期としてはSeason10のコラボ商品だぞ?

RIMG1584

右京さん(水谷豊)とそんくん(及川光博)の特命係は、こんな「男子よガッツリ食いなっせ」なイメージなのか!?もっとこう、スマートな感じじゃないの!?亀山くんならともかく!どうも腑に落ちないので、自分なりにではあるが、作中と照らし合わせてこのコラボパンがこんなにボリューミーになった意味を考えてみた。

 

1.本来彼らが背負うべきものを表している
パッケージに夜景にてあしらわれている東京。本来は、今の特命係の二人は、顔認証システムによってこの都市を神のごとくに監視すべく選ばれた二人だった。スマートな見た目の裏で、彼らはそんな壮大な理想を反故にした過去を背負っている。このパンのボリュームはそんな彼らの正義・責任の大きさを表したものではないだろうか。実は小野田さんを悼んでもいるのかも。官房長ーーーっ!

2.実は神戸尊の本質を表している
クールで二枚目なシティボーイ(死語)のように見えて、感情表現がオーバーだったり、そこそこ横柄に右京さんに対抗してみせたり。そんな神戸君の人間味溢れる様が反映されているに違いない!

3.本当は大河内監察官イメージ
「紅茶×紅茶」「紅茶&紅茶」ということで、同じ性質のものの組み合わせ。相棒で同じ性質、といえば大河内監察官(神保悟志)。聡明だが、野心的で食いきれないイメージはこのパンにピッタリだ。
懇意な神戸君の卒業で今後が注目されるだけに、このパンの売上げには彼の今後の出番を占うという裏の意味があるんだ、きっと!

 

甘党にとっては、一度に2個、3個食べるとこの世の栄華を極めたような気持ちになれるであろう素晴らしさがある、満足度の高い菓子パンだが、こうやって壮大な背景を想像すると、一個でも胃袋がガツンと満たされる思いだ。
規格外のホイップに溺れつつも、しっかりパンも食べ、一個で最大限に満足、満腹感を味わう。見た目はともかく、その賢さは特命係らしいかもしれない。

Leave a comment

Recent Tweet

category