6月 13, 2010
tronmc

桃ラー初体験とその是非についてw

いい加減そろそろブームも落ち着いてもいいだろ、買わせてくれよ…と思うこと数ヶ月。
それでも買えずにいたってことは運の悪さとかもあるんだろうけど、未だに売れてる続いてるってことなんだろうなぁ。最近だと…モスがラー油バーガー出したんだっけか?

34hv3wl

なーんて思いつつ少し諦めていた桃ラー、ようやくゲットw
とはいえ潤沢にあったワケではなく、近所のスーパーに2個しかなかった。2個カゴに入れた。サーセン…。

さっそく食べてみると、これがまた大ハマり。

個人的にはこれまでの(ある意味ダメな)食生活の経験により、食えないもんではないだろう、とは思っていたんです。
昔っからご飯に塩ふって、ラー油をかけて夜食にする…ということをこっそりやってましたし(ぉぃ)、フライドガーリックも某ゼンショー系ラーメン店でフリーでおいてあるもんだから、ごっそり入れて食べてましたし(ぉぃぉぃ)。

ただ、それだけ慣れがある食材なだけに逆にがっかりしないかな?という懸念はあったのですが、これまた杞憂!思わず大野智のモノマネでラー油最高!と叫びたくなるくらいでした。
白飯にプラス、でスタートして、それが最高すぎるもんでまだ白飯でしか食べていない、というか白飯以外にはもったいない!という感じなのですが…まずはフライドガーリックのガリガリ感がたまらないと思いました。次に気付いたのは、でもそれってラー油あるからだよね、と。
要は非加熱状態の油をまとったご飯の魔性のツルツル感!これがあるからガリガリも引き立ってるんだと思います。そりゃぁ普通の油だったらオエッときますけど、だからこそのラー油!
ただし、それだとただのガリガリ君状態で終わってしまうのですが、みそのようなペーストが絶妙なつなぎになっていて、ツルツル、ガリガリ、と攻撃的で楽な食感だけで終わらないようになっていました。
難を挙げればラー油の割合が多いことですかね。お茶碗で食べると下の方にたまってきて、最後はちょっと油っぽー、と感じました。

ホントに最近バテてるのが食欲がなく、白飯を食べるのがけっこう苦痛だったのですが、これぞまさに救世主。昼夜で5杯も食べてしまった!( ̄▽ ̄;

ただ、やっぱりジャンキーなのかなぁ…。父に食べさせたら反応はイマイチ。
「味覚がダメになりそう」「正しい食べ方じゃないよね」なんて感想が出てきました。

前者については…あまり否定できない(^_^;)
たしかにこればっかり食べてちゃいけない。栄養がどうこうじゃなくて、なんだかんだいっても爽快感とか攻撃的な味があるもんだから、慣れてしまうと本当にジャンキーなものしか受け付けなくなってしまいそうです。
でも後者については個々の好き好きだとか、世代からくる思い込みだとか、そういう部分ですね。
邪道に見えるかもしれないけど、そういうものは地域によってもいろいろあるし、異国料理にも言えると思うし、あとは時間の問題もあるんじゃないかな。まだ目新しいと言わざるを得ないという。。

例えば最近どこぞの番組でやっていた(のに加えて今の高校の英語の教科書に載っていたのでそれも使って補追補した)ことなんだけど、寿司だっておそらく中国伝来と言われていて、昔は魚を米で発酵させて、魚だけを食べていたそうな。
次にその米も食べるようになったそうなんだけど、それも当初はきっと邪道だったんじゃないかなぁ?
寿司に関しては、おおまかにはその後も発酵期間の短縮、酢での代用ってプロセスを踏んで現在のような形になったそうなんだけど、そういう瞬間にも邪道感ってあったんでは、と思うし、同時に画期的な新商品でもあったんだろう。

そう思えばそんなに悪いもんじゃないかもよ、ということで父には納得してもらいましたが…
今後栄養的に食べ方的にも、悪影響どうこう、ってなことは言われないことを期待します(^_^;)
(ヒドく揉まれながらも生きているファーストフードとかありますけどね…)
ということで、桃ラー、おいしいですが、そう思ったならあまりハマりすぎず健康的な食生活を心がけるようにしましょう(最大限の自戒!)

Leave a comment

Recent Tweet

category