7月 14, 2010
tronmc

PCのTwitterクライアントはSeesmicで落ち着きました!

seesmic

バーチャロン効果!いろんな方をフォローさせて頂き、Twitterのタイムラインの流れが速くなってきたので、ローカルにTwitterクライアントを導入しました。

今のところの主力はSeesmic、たまにみについという感じです。どちらも発言を端折らず、スペースに全て表示するタイプです。
とくにSeesmicは、
・自分へのリプライ、DM、自分のツイート一覧といった表示枠を好みで付け足せるところ。
・ツイート者のアイコンにマウスを乗せるとアイコンが表れ、リプライ、リツイート、DMといった動作がワンクリックで可能。
という機能があり、重宝しています。マルチアカウントも可能なようですし、URL短縮、フォト掲載も簡単かつ対応サービス選択肢が多く、至れり尽くせりなパワフル感満載です。
今のところローカル版に日本語版がないので多少とっつきにくい感じはありますが、あまり難しくないので英語版で十分です。

…といっても、本当は元々ローカルでやっていました。
twigadgetというWindowsデスクトップガジェットを使っていたのですが、ワタリさんが連投を始めて祭り状態になると追いつかなく、結局公式Webに張り付いていたり。
あまりポストをしないとか、TLの流れが速くなければ、キーボードショートカットでパッと表示できることもあり、便利なガジェットではあるのですが…。

その流れでしばらく公式Webを使っていたのですが、いくらタブでもちょっとブラウザで見るのは不便になってきたので、専用ソフトを入れることにしました。
まず試したのはTweenでしたが、残念ながら私には合いませんでした。フォント設定も試しましたが、公式Webでの閲覧に慣れると、発言が一覧スペースに全表示されないというのは不便で…。とくにワタリ語りには痛い!w

次に試したのが、みについです。これは公式っぽく見られるので非常に満足していたのですが、一時期ログイン不良が頻発し……その間、他のものを探していて、うっかり広告を踏んでDLしてしまったのがSeesmicだったりしますw 結果オーライですw

ということで、Twitter、楽しんでおります!みなさまも是非楽しいつぶやきライフを!

Leave a comment

category