10月 20, 2006
tronmc

あの名(?)ゼリフを翻訳サイトにかけると…?

# 以下の内容は全て2006/10/19時点のものです。
# 以下の内容は全て仕事中に試してみたものです。

仕事で英文を作成することが多いですYO。
仕事柄?職種柄?同業者のみなさんはどうなんでしょうね?w

一応、資格として英検準2級を持っているのですが、

# 履歴書に書いていいのは2級かららしい…orz

それは高校2年だか3年だかに取ったモノ。
大学一年目の前期で、必修単位を満たしては英語からは足を洗っちまったクチです。
なのに、たぶん俺が今の職場にいるのってそれがデカかった感じがする罠!

が、「もっと勉強しときゃ良かった…(´・ω・`)」っては、ほとんど思いません。

なぜなら、ネットの翻訳サイト、辞書サイト使えばほとんど用が足りちゃうから。
↓のサイトなんかは超強力です。

Cross Translation
http://sukimania.ddo.jp/trans/trans.php

複数の検索サイトの検索結果が表示されるんですよね。
ムダじゃね?と思うことなかれ。

翻訳サイトってそれぞれで出てくる結果はけっこう違うんですよ。
でもって、所詮は機械がやるもんなので、けっこうおバカさんなところがあります。

# お前が言うな、と。

なので、複数の結果を比較して、作成した英文の信頼性を判断したり、よりしっくりくるニュアンスを選ぶことができるんですね。

# その判断を自分でやらなきゃないのが
# デメリットっちゃデメリット。
# 全然わかんない人には逆に使えないかも。

いくらか使っていると、それぞれの翻訳サイトのクセなんかもそこそこ把握できるようになってきます。
個人的には、エキサイトなんかは翻訳では老舗なイメージがあるのですが、けっこうブッ飛んだ訳をつけてくれることが多くて、ついニヤニヤしてしまいます。

例えば…

英→日 翻訳で、スターウォーズの名ゼリフを入れてみます。

・”may the force be with you.”

ジェダイが互いの健闘を祈る、みたいな感じで挨拶で使う言葉で、「フォースのご加護がありますように。」って意味です。

多数のサイトがごもっともに「force」を「力」と訳しており、しかも「may」を推定だと判断しちゃって、全然これから戦地に赴くジェダイが交わすような言葉とは思えない訳になっちゃってます。

が、エキサイト。
「フォースの守りあれ。」
ダントツで神の領域に達してしまいました。

が、日→英 には少々弱い模様…?ガンダムの名(迷?)ゼリフ。

・「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」

ジオングに足がない、と言ったシャアに対するジオン兵のセリフです。意外と?使ってる人が多いのです。。。
普通聞かないようなサイトがいい感じで迷走した訳を出してますが、やはりエキサイトはダントツ。

唯一「飾り」を「decoration」と訳せていないばかりか、

「Cazari」………なにそれ。。。

というワケで、けっこうツッコミどころがあっておもしろいので、ぜひみなさんも心に残る名ゼリフで翻訳をかけてみて下さい。

では、最後に。
俺の心に残るとっておきの名ゼリフを英作文してみました。
どうぞご判読下さいw

Don’t you worry in a small thing?
Do what yourself wants to do and what you can do.
What is necessary is just to do — little by little.
It becomes strength — surely.
Such a feeling.

# 元ネタわかる人、いるかな?

Leave a comment

Recent Tweet

category